スマートフォン版を表示
2018年4月9日

野球部 春季リーグ第2戦 VS明星大学

明治学院大学(以下、明学大)野球部の春季リーグ第2戦(VS明星大学)が、4月7日(土)東京経済大学野球場で
開催されました。初戦の玉川大学戦は9回裏のサヨナラ逆転勝ちで現在1勝。
連勝して好スタートを切りたいところです。







明学大の先発はアンダースローの樺沢さん(4年)。試合は1回裏の明学大の攻撃から動きます。
1アウトからセンター前にヒット。四死球をはさんで2アウト満塁から6番川田さんが四球を選び押し出しで先制。
一方の明星大は、3回まで毎回ランナーを得点圏に送りますが、
明学大の樺沢さんが要所を押さえます。







5回表、明星大の攻撃はヒット、四死球で1アウトで満塁。ここで明学大は継投に出ます。
2番手で左腕の吉田さん(2年)が登板。後続のふたりを凡打に打ち取ります。
6回表、明星大の攻撃は2アウトランナー無しからライトにソロホームラン。明星大1-1明学大となります。
7回表、明星大の攻撃は1アウトからヒットと四球で満塁。明学大はピッチャーを中村さん(3年)に継投。
交代後の第1球が死球になり明星大2-1明学大に。2アウトとしますがタイムリーヒットが出て
明星大4-1明学大となります。8回表の明星大の攻撃も1アウト1、2塁からタイムリーヒットが出て
明星大5-1明学大と引き離されます。8回裏の明学大の攻撃は2塁打、ヒットで1、3塁としますが後続が倒れます。
反対に9回表にも明星大が長打攻勢で明星大8-1明学大。9回裏に明学大もヒットのあと
代打の仲尾さん(2年)がライトスタンドにホームランを打ちますが、
明学大の攻撃もここまで。試合は明星大8-3明学大で終了しています。







明学大は初黒星で1勝1敗。翌日(8日)の試合では、大東文化2-11明学大で勝利。
3試合が終わったところで明星大のみが3戦全勝で首位。明学大他4大学が2勝1敗で追いかけています。
次の試合は4月15日(日)10時半~足利大戦(足利市営球場)になります。