スマートフォン版を表示
2020年10月31日

野球部 順位決定戦 VS東京経済大学

野球部の順位決定戦が、10月31日(土)サーティフォー相模原球場で開催されました。
明学大は2部Wグループの3位、Rグループ3位の東京経済大学(以下、東経大)との順位決定戦になります。
勝ったチームが2部リーグの総合5位になります。





明学大は1回表、2番上野選手のセンター前ヒット、4番溝口選手の死球で2アウト1,2塁となりますが、後続にタイムリーが出ません。



明学大の先発は澤柳選手、1回の裏の東経大はノーアウト1,2塁になりますが、3塁ゴロのダブルプレイとライトフライで後続にヒットを許しません。



2回表の明学大は2本のヒットでノーアウト1,2塁。送りバントで1アウト2,3塁になりますがタイムリーが出ません。
試合が動いたのは2回裏。東経大は1アウト2塁からセンター前のタイムリーで先制します。
東経大は3回裏にも四球から送りバントを駆使して2アウト3塁。4番が左中間の2塁打で明学大0-2東経大に。







明学大は4回にも7番の内田選手がレフト前ヒットを打ちますが、その後は8回までヒットが出ません。
試合は最終回の明学大の攻撃で、代打谷口選手がレフト前に運びます。
この日ヒットを打っている関屋選手に回りますが、最後はピッチャーゴロのダブルプレイで試合は終了。
明学大0-2東経大で明学大は総合順位6位でシーズンを終了しています。







なお、当日、1イニングを無失点に抑えた明学大の高橋大地投手が、2部Wグループのベスト
ナインに選出されています。