スマートフォン版を表示
2018年9月11日

バスケットボール部(男子) リーグ戦(第5戦) VS学習院大学

バスケットボール部(男子)のリーグ戦、第5戦が9月10日(月)白金校舎体育館で開催されました。
対戦相手は学習院大学(以下、学習院大)です。今のところ、明学大は開幕4連勝と好調です。



第1ピリオド、明学大は6番コラン主将のシュートでスタート。コラン主将の連続ゴールで明学大8-2学習院大となります。その後4分には12-11。明学大の速攻からカットインが決まって18-11。
7分には23-13と2桁の得点差に。



8分半にはランニングシュートで26-13とダブルスコアに。その後も得点を追加して、
第1ピリオドは明学大31-13学習院大で終了します。明学大はコラン主将が絶好調です。



第2ピリオド、明学大4番上田さんのシュートでスタート。
3分、学習院大が得点して明学大35-21学習院大となったところで明学大がタイムを要請。
6分半を過ぎ、明学大35-26学習院大と明学大の得点が動きません。
7分15秒、明学大54番川砂さんのカットインで37-26。得点がやっと動きます。





続けてゴール下のコラン主将が決め39-26。9分には学習院大もゴール下のパスを通し39-30と1桁差に。
最後は学習院大の3Pが決まって明学大39-33学習院大と追い上げられて前半が終了します。





第3ピリオド、学習院の先制でスタート。明学大も返しますが学習院大はバスケットカウントで42-38と追いすがります。3分過ぎ、試合のテンポが上がります。4分半、明学大の3Pで49-38。学習院大も3Pで返します。



ゴール下のコラン主将が決め51-43。その後53-43、57-43と進み、第3ピリオドは明学大60-44学習院大と点差を広げて終了します。



最終ピリオド、3分経過しフリースローを入れたところで明学大66-47学習院大。4番上田さんが3Pを入れて69-47。5分には明学大の鋭いカットインが決まり74-49。





7分に明学大が3Pを入れて明学大は80点に届きます。終了間際にもゴール下からシュートを決め、
最終スコアは明学大85-53学習院大と後半に大差がついて試合は終了しています。





明学大はこれで5連勝。次の試合は9月22(土)14時40分~VS帝京平成大学(白金校舎体育館)になります。