スマートフォン版を表示
2018年9月23日

バスケットボール部(男子) リーグ戦(第7戦) VS桐蔭横浜大学

バスケットボール部(男子)のリーグ戦、第7戦が9月23日(月)白金校舎体育館で開催されました。
対戦相手は桐蔭横浜大学(以下、桐蔭横浜)です。今のところ、明学大は開幕6連勝と絶好調です。



第1ピリオド、明学大は20番黒田さんのシュートでスタート。1分で明学大4-0桐蔭横浜となります。
2分で8-2、6番コラン主将のシュートを自らがフォローして10-2。6分10-4と得点が動かない状態が続きます。
明学大がフリースローを入れ11-4。7分にコラン主将の得点で13-4。
8分半、コラン主将の見事なタップシュートがバスケットカウントになり16-5。
9分にも4番上田さんがカットインから12番高橋さんにパス。第1ピリオドは明学大18-9桐蔭横浜で終了します。





第2ピリオド、コラン主将のフリースローでスタート。ところがその後、桐蔭横浜の反撃を受けます。
桐蔭横浜の連続ゴールで20-13。2分半には20-15。明学大は第2ピリオドも反則が多く感じます。
3分半には20-17となり明学大はタイムを要請。5分半明学大の反則、フリースローで20-19に。
明学大はゴール下の簡単なシュートを外します。そして残り3分49秒で5ファールに。
6分20秒フリースローを決められ20-21と逆転。20-23となり桐蔭横浜のベンチが揺れます。
7分明学大の得点が動き22-25に。7分40秒、コラン主将がフリースローを入れ25-25に。
ところが桐蔭横浜が3Pを連続で入れ、明学大28-33桐蔭横浜で前半は終了しています。





第3ピリオドもコラン主将のフリースローでスタート。12番高橋さんのランニングシュートで32-33。
1分半、コラン主将の右サイドからのシュートで34-33と逆転。38番坂倉さんの速攻で38-33となり桐蔭横浜のタイム。
3分、桐蔭横浜の3Pで38-38。明学大も連続ゴールで返して43-38。45-40、45-42、6分半には45-44に。
高橋さんのランニングシュート、コラン主将の3Pで51-44。高橋さんがゴール下で粘って第3ピリオドは明学大55-50で終了。







最終ピリオド、点の取り合いで1分半で59-54。14番山下さんがフリースローを入れて60-54に。
桐蔭横浜も3Pと速攻で60-58となり明学大のタイム。残り5分で62-60、明学大のカウンターで64-60。
残り4分18秒で明学大は5ファール。残り3分、明学大の3Pで68-62。桐蔭横浜も3Pを返してきます。
明学大はシュートチャンスが2回ありましたが、ともに得点に繋がりません。残り1分半で12番高橋さんのタップシュートで70-65。
明学大は3番松葉さんの3Pも決まり、試合は明学大79-71桐蔭横浜で終了しています。明学大は開幕7連勝です。





次の試合は9月29日(土)14時50分~VS国際武道大学(帝京平成大学池袋キャンパス体育館)になります。