スマートフォン版を表示
2018年10月7日

バスケットボール部(女子) 順位決定戦(1、2位グループ)第2戦 VS学習院大学

バスケットボール部(女子)の順位決定戦の第2戦が10月7日(日)に白金校舎で開催されました。
対戦相手は昨年の順位決定戦で勝利している学習院大学(以下、学習院)です。
昨日の茨城大学戦に続いて連勝したいところです。



第1ピリオド、スタメンは0番石橋、7番乳井、16番大島、77番寺井、79番前田(敬称略)です。学習院の先制でスタート。
明学大0-4学習院から大島さんが返しますが、学習院は3Pで返して1分半で2-7。3分にも3Pを決められ2-10。
いつもの明学大のディフェンスが出来ません。フリースローを入れ5-14となりますが、再度の3Pで5-17から7-21の展開に。
ただし学習院は5ファール。7分40秒、71番森主将のランニングシュート、寺井さんの3Pで14-23。
8分40秒にも森主将のカットインで16-26。残り40秒で寺井さん、森主将の連続3Pで明学大23-26学習院と追い上げて第1ピリオドは終了します。







第2ピリオド、ゴール下でパスを受けた71番森主将のシュートでスタート。
1分半、77番寺井さんから森主将へのゴール下パスで、明学大29-28学習院とこの試合初のリード。
その後も16番大島さんのシュート、0番石橋さんのカットインと反則を誘ってのフリースローで35-28。
第2ピリオドになって学習院のシュートが入りません。6分20秒、7番乳井さんの角度のないシュートで37-31。
森主将からゴール下の石橋さんへの好パスで39-31。石橋さんのカットインで明学大44-34学習院で第2ピリオドは終了します。
学習院はこのピリオド8得点に抑えられます。明学大得意の守備が機能しています。









第3ピリオド、0番石橋さんのカットインでスタート。2分半には13番材津さんのカットインで50点に(50-40)。
3分経過、16番大島さんのシュート、材津さんのカットインで54-40。77番寺井さんのロングシュートで58-48。
8分半には森主将のゴール下での技ありシュートで60-50。
最後は石橋さんが角度のないところから決め、第3ピリオドは明学大62-54学習院で終了し最終ピリオドに進みます。









最終ピリオド、明学大は先制しますがその後、得点が動きません。3分40秒に学習院が3Pを入れて明学大64-61学習院。
0番石橋さんが返して久々に得点が動きます。ベンチからは「ノーファール、ディフェンスから」といった声が。
4分、13番材津さんのカットインで68-61。5分20秒、学習院もゴール下で入れ返して68-65。
ここで77番寺井さん、7番乳井さんが反則を誘います。反対に学習院はフリースローを2本とも外します。
明学大は石橋さんの3Pで73-65。残り2分で寺井さんが反則を誘うカットイン、学習院はエースが5ファールで退場。
残り1分、16番大島さんがゴール下で入れて77-72。
明学大は時間を使って攻撃、フリースローのチャンスも森主将がしっかりと決め、試合は明学大81-75学習院で終了します。









明学大はこれで茨城大、学習院に勝利し、2連勝。
試合終了後「これで、入れ替え戦ほぼ決定と言ってよいと思います」と坂下監督からコメントを頂いております。
順位戦の第3戦は、10月14日(日)15時~国学院大学戦(白金校舎)になります。