スマートフォン版を表示
2018年10月6日

バスケットボール部(女子) 順位決定戦(1、2位グループ)第1戦 VS茨城大学

バスケットボール部(女子)がグループリーグで全勝優勝し、順位決定戦に進出しております。
進出したのは本学の他に、学習院大学、国学院大学、東京女子体育大学、東洋大学、茨城大学です。
本学は東洋大学にはグループリーグで勝利しているため、すでに1勝の扱い。他の4大学と試合を行い入れ替え戦の進出が決まります。
10月6日(土)に白金校舎で初戦の茨城大学(以下、茨城大)戦が開催されました。昨年、順位決定戦では茨城大に敗退しています。



第1ピリオド茨城大のシュートで試合はスタート。ゴール下の16番大島さん、79番前田さんのリバウンドで明学大4-2茨城大。
その後茨城大の連続ゴールで4-8。大島さんのフリースローと0番石橋さんの右サイドからのシュートで8-11。
7分半大島さんのカットインで12-13。両チームとも反則が多くこの段階で両チームとも5ファールとなっています。
試合終盤に茨城大のフリースローと3Pシュートで第1ピリオドは明学大15-22茨城大で終了します。
茨城大は明学大陣地よりディフェンスをしてきます。明学大はいつものシュートが入りません。







第2ピリオド、7番乳井さんの連続ゴールで20-22。3分に79番前田さんがリバウンドを入れて25-24とこの試合初のリード。
26番妙中さんの角度の無いところからのシュート、0番石橋さんのフリースローで29-24。4分には13番材津さんのカットインで31-24。
16番大島さんのゴール下の連続ゴールで36-24。77番寺井さん、13番材津さんの連続カットインが決まって40-30。
その後もゴールを量産し第2ピリオドは明学大51-31茨城大で終了。







第3ピリオド、スタート早々明学大に連続ミス。1分半茨城大の連続ゴールで51-36。
3分には明学大も連続ゴール、7番乳井さんのゴールで57-36。3分半、26番妙中さんのゴール下のシュートで59-38。
13番材津さんのカットイン、79番前田さんのリバウンドで63-40。
7分半にも茨城大のオールコートディフェンスの裏をついた前田さんのシュートで67-44。
第3ピリオドは明学大67-46茨城大で終了します。







最終ピリオド、7番乳井さんのフリースローでスタートしますが、2分半、茨城大のオールコートディフェンスによるパスカットからの連続ゴールで
68-53となったところで明学大がタイム。4分に77番寺井さんのカットインからのバスケットカウントで71-53。
その後、茨城大のしつこいディフェンスに明学大は得点が伸びません。
茨城大の3Pで71-58。7分には26番妙中さんがゴール正面振り向きざまのシュートで73-58。





残り2分で73-61から角度の無いところから決めて75-61。茨城大も3Pを入れて残り1分で75-66に。
明学大はその後、13番材津さん、0番石橋さんがフリースローをいれ、最終得点は明学大79-66茨城大で終了しています。





茨城大のオールコートディフェンスに悩まされるシーンもありましたが、明学大が昨年の順位戦の雪辱で茨城大に勝利し、
入れ替え戦に向けて大きな前進をした試合でした。
第2戦は、10月7日(日)15時~学習院大学戦(白金校舎)での開催となります。