スマートフォン版を表示
2018年10月14日

バスケットボール部(女子) 順位決定戦(1、2位グループ)第3戦 VS国学院大学

バスケットボール部(女子)の順位決定戦の第3戦が10月14日(日)に白金校舎で開催されました。
対戦相手は昨年の順位決定戦で敗れている国学院大学(以下、国学大)です。



第1ピリオド、スタメンは0番石橋、7番乳井、16番大島、71番森、77番寺井(敬称略)。
試合は石橋さんのゴールでスタート。寺井さんから乳井さんへのパスで明学大4-0国学大。
2分には寺井さんの3P。寺井さんからゴール下の森主将へのパスが通って9-2。
3分にも寺井さんのカットインからゴール下の森主将に(11-2)。
3分半、寺井さんのシュートが入って国学大はタイムを要請(13-2)。
試合は4分経過で15-4、4分半にも石橋さんの3Pで18-4。
6分20秒寺井さんのカットインで21-4と完全に明学大ペース。
その後、明学大の得点が動かなくなり第1ピリオドは明学大24-12国学大で終了します。





第2ピリオド、1分20秒に7番乳井さんの3Pでスタート。
ところが森さん、寺井さんの4年生が交代してから得点が入りません。
4分半に明学大27-18国学大から、5分には国学大のバスケットカウントで27-22。
5分半にも国学大の3Pで29-25。スタンドからは「ここ踏ん張って、ディフェンス」といった声が。







7分、国学大がフリースローを入れ、明学大も乳井さんが返して31-27。国学大の3Pに寺井さんが3Pで返して34-30。
国学大の再度の3Pを0番石橋さんがバスケットカウントで返して37-33。
最後は16番大島さんが反則を誘って、明学大39-33国学大で前半は終了。







第3ピリオド、国学大の先制でスタート。2分半7番乳井さんの好プレイで43-35。
4分には13番材津さんがフリースローを入れて10点差(45-35)。4分45秒、森主将が4ファール。
6分に国学大が入れて45-41。6分半に国学大のゴール下へのロングパスで45-43。
7分、国学大が入れて明学大45-45国学大となったところでタイムを要請。
明学大はシュートが入らず、リバウンドが取れません。
その後も試合は国学大ペース、45-47、45-51となりますが、材津さんの3Pで返して48-51となって最終ピリオドに。







最終ピリオド、明学大は77番寺井さんの3Pで同点に。16番大島さんのカットインで53-53。
1分20秒、森主将の3Pで56-55。2分40秒0番石橋さんがゴール下シュートで58-59。
3分半、国学大も返して58-61。国学大はゴール下を制します。4分大島さんが反則を誘って60-63。
7分、明学大がフリースローを入れて65-67。明学大はパスミスでタイムを要請(残り2分39秒/65-69)。





国学大がゴール下の強さで65-71(残り2分20秒)。残り1分半で寺井さんの3P(68-71)。
森主将が反則を誘ってフリースロー。2本目を落としますが0番石橋さんがリバウンドを入れて71-71の同点に(残り1分8秒)。
石橋さんのカットインで反則を取りフリースロー。2本とも決めて73-71と逆転(残り33秒)。ここで国学大がタイムを取ります。
タイム明け、国学大がゴール下リバウンドでの反則を取られます。
7番乳井さんのフリースロー、終了間際にも大島さんが入れて明学大77-73国学大で試合は終了しています。





明学大がこれで順位決定戦3連勝。
残り1戦を残して、3部のA~Cグループ全体での完全優勝、2部との入れ替え戦出場が決定しています。
順位戦の最終戦は10月21日(日)13時~東京女子体育大学戦(白金校舎)になります。
なお、入れ替え戦は11月3日(土・祝)(場所:未定)に開催されます。