スマートフォン版を表示
2018年10月27日

バスケットボール部(男子) リーグ戦(二次リーグ) VS玉川大学・関東学院大学

バスケットボール部(男子)の二次リーグ第4戦が、10月27日(土)帝京平成大学で開催されました。対戦相手は玉川大学(以下、玉川大)です。明学大は現在は10勝4敗。残り2試合で2部への自動昇格、入れ替え戦進出、3部残留のいずれかが決まります。





第1ピリオド、玉川大の3Pでスタート。明学大のスタートは悪くミスが目立ちます。明学大の初得点は6分過ぎのコラン主将の3Pシュートから。明学大5-11玉川大で玉川大がタイムを要請。終盤で38番坂倉さんのランニングシュート、14番山下さんのカットインで明学大11-16玉川大で第1ピリオドは終了します。




第2ピリオド、明学大山下さんのゴール下の粘りでスタート。玉川大は連続ゴールで13-24。坂倉さんのバスケットカウント、20番黒田さんのゴールで18-26。山下さんのパスカットからの独走、コラン主将のバスケットカウントで23-27。明学大の流れになります。玉川大も連続ゴールで返しますが、その後の玉川大は得点が動きません。26-33、29-33、最後は12番高橋さんの右サイドからのシュートが決まって明学大31-33玉川大で前半は終了します。



第3ピリオド、コラン主将の得点で同点に。坂倉さんのゴール下で明学大35-33玉川大と逆転。4番上田さんの右サイドからのシュートで37-33。ここから玉川大が入れてきます。37-35、37-37、37-40からコラン主将の3Pで40-40。玉川大もバスケットカウントで再びリード。その後も玉川大は得点を続け40-48に。ここからコラン主将の連続ゴールで44-48(残り3分)。3番松葉さんシュートで48-51。残り1分半で松葉さんの3Pで51-51。高橋さんのバスケットカウント、松葉さんのカットインで明学大56-51玉川大で第3ピリオドは終了します。





最終ピリオド、玉川大が連続得点で1分で56-56に。リバウンドを取られて56-58。高橋さんの強引なシュート、山下さんのカットインで再逆転。5分過ぎに明学大の連続得点で68-62。コラン主将のシュートで70-62残り3分。玉川大は長いシュートが入りません。72-62、74-62から玉川大に返されて74-67。坂倉さんのゴール下の粘りで76-67で勝負あり、最終得点は明学大81-71玉川大で終了しています。



翌日(28日)に開催された明学大と関東学院大学(以下、関東学院)の試合は、勝てば2部自動昇格、負ければ入れ替え戦で昇格を目指すといった試合になりました。前半は明学大35-30関東学院でリード。ところが第3ピリオドで逆転され、最終得点は明学大70-79関東学院で終了しています。明学大は入れ替え戦で2部昇格を目指します。