スマートフォン版を表示
2018年11月3日

涙、笑顔の2部昇格!!バスケットボール部女子(入れ替え戦) VS神奈川大学

11月3日(土・祝)に開催されました関東大学女子バスケットボール2部入れ替え戦において、明治学院大学(以下、明学大)が
2部Bブロック8位の神奈川大学(以下、神奈川大)を63-49で破り、26年ぶりの2部昇格となりました。





第1ピリオド、16番大島さんのゴール下からのシュートでスタート。
神奈川大の連続ゴール、フリースローで明学大4-6神奈川大。0番石橋さんがフリースローを入れ同点になりますが、明学大得意の3Pが入りません。
大島さんのリバウンド、石橋さんの3Pで13-8。71番森主将のバスケットカウントと13番材津さんの3Pで第1ピリオドは明学大19-8神奈川大で終了。
神奈川大はシュートが入りません。









第2ピリオド、神奈川大の連続ゴールで19-14。寺井さんが返しますが、神奈川大もゴール下に入ってきます。79番前田さんのカットインで23-16。
材津さんの3Pで26-18。終了間際にも森主将の連続ゴールで明学大30-22神奈川大で前半は終了。
OBからは「いいです。ただし第3ピリオドのスタートですね。入りが大切です」といったコメントも。









第3ピリオド「ディフェンスから」といった声。2分経過、77番寺井さんのシュートが初得点。神奈川大にミスが目立ちます。
神奈川大の初ゴールが4分半経過後。ゴール下、79番前田さんのねばりと13番材津さんの得点で37-24となり神奈川大のタイム。
タイム明け、明学大のミスと神奈川大の連続ゴールで37-30に。流れを変えたのは森主将のカットインから反則を誘ったプレイ。
終了間際の0番石橋さんのカットインで明学大40-32神奈川大で最終ピリオドに。









第4ピリオド、神奈川大の3Pでスタート。神奈川大はオールコートディフェンスに。
1分半、神奈川大の3Pで明学大42-38神奈川大。ここで0番石橋さんの3Pとカットインで流れを明学大に引き戻します。
77番寺井さんのカットインから16番大島さんのゴールで49-38。神奈川大はフリースローを2本とも外しリズムに乗れません。
明学大のディフェンスが機能しており、神奈川大の3Pも入りません。
寺井さんのフリースロー。大島さんのゴール下、石橋さんの3Pで明学大57-41で残り2分半。
神奈川大もフリースローを入れますが、残り50秒で大島さんがリバウンドを入れ突き放します。
試合は明学大63-49神奈川大で終了しています。









試合後、坂下監督より
「学生達の頑張りで念願の2部昇格を果たしました。3部上位以上の大学はスポーツ推薦がある中で、本学のような勉学だけで入学した学生のチームが2部に昇格する事は初めてのようです。
大学のスポーツプロジェクトに選考されて、外部コーチを招聘できた事が大きかったですね。現在の山田コーチは3年目で昇格を果たしてくれました。
年間オフ無しで練習を続け、徐々に実力がアップしてきました。ただし入れ替え戦は一発勝負です。
緊張していましたが、父母の皆さんやOGOBや学生の皆さんの応援が励みになり、勝利することができました。
新チームは次の目標を目指してスタートします。これからも応援をよろしくお願いいたします」
といったコメントをもらっています。