スマートフォン版を表示
2019年5月5日

バスケットボール部(女子) トーナメント戦(3回戦) VS共栄大学

関東女子バスケットボールトーナメントの3回戦、VS共栄大学(以下、共栄大)が5月5日(日)に共栄大で開催されました。
共栄大は関東2部A(関東ランク15位)、明学大は2部B(関東ランク22位)、格上の相手にどこまで通用するか、
2部に昇格した本学にとって大切な一戦です。

第1ピリオド、明学大7番乳井選手の3Pでスタート。
1分半にも13番財津選手の3Pで明学大8-2共栄大と好発進。その後、明学大は簡単なシュートを落とし12-12と追いつかれます。
6分半、共栄大がフリースローを入れ12-14と逆転。





終了間際に、79番前田選手のフリースロー、0番石橋選手の左サイドからのシュートが決まり、第1ピリオドは明学大16-16共栄大で終了します。
明学大は格上相手に十分に戦っています。





第2ピリオド、79番前田選手、26番妙中選手の連続ゴールで22-19。
2分半過ぎ、共栄大のディフェンスが厳しくなります。24-25から0番石橋選手のフリースローで26-25に。
3分半、前田選手の3Pで29-27。5分13番財津選手のフリースローが2本入り32-29。共栄大の反則が多くなります。





32-32、34-32、35-32となり、残り2分半に7番乳井選手から、ゴール前の財津選手へのロングパスが通り37-32。
その後、共栄大の連続ゴールに対し、終了間際に明学大も取り返し、前半は明学大39-37共栄大で終了します。





第3ピリオド、13番財津選手が反則を誘いフリースロー、0番石橋選手のシュートで1分半で45-39。
26番妙中選手のカットインで47-39。明学大好調ですが、ここで共栄大の前に出るディフェンスが機能します。
4分半、49-48になり明学大がタイムを取ります。5分半、共栄大のシュートで49-50と逆転。





財津選手のパスカットからのシュート、石橋選手のゴール下のリバウントで明学大も53-55と食らいつきます。
ところが共栄大の3Pと連続ゴール、明学大も79番前田選手がゴール正面のシュートを入れ、明学大55-60共栄大で最終ピリオドに。



最終ピリオド、0番石橋選手の3Pで58-60。
79番前田選手のゴール正面のシュートで60-60。1分半石橋選手の3Pで64-62と再逆転。
ところがここから明学大の得点が動かなくなります。
共栄大のオールコートディフェンスが機能します。共栄大のバスケットカウント、3P、明学大のミスで3分40秒で64-72。



7番乳井選手が返しますが、明学大は集中力が切れているように感じます。4分40秒で66-77。共栄大のディフェンスに苦しみます。
66-80、67-80、69-82、70-82から17番主将の市川選手がリバウンドを入れますが、明学大73-93共栄大で試合は終了しています。



本日の試合、最終ピリオド2分過ぎまで、格上の共栄大を苦しめました。
試合後、坂下監督からは「4ピリにスタミナが無くなり、集中力が切れました。今後の課題が明らかになりました。
秋のリーグ戦に向けて取り組みます」といったコメントを貰っています。