スマートフォン版を表示
2018年9月22日

アメリカンフットボール部 リーグ第2戦 VS関東学院大学

2部Aブロック所属のアメリカンフットボール部が、9月22日(土)アミノバイタルフィールドで関東学院大学(以下:関学大)を迎えリーグ戦第2戦が開催されました。



第1クォーターは両チーム1stダウンを取ることが出来ません。
5分、関学大は明学大のパスをインターセプト。30ヤード地点まで進みフィールドゴールを狙って明学大0-3関学大となります。
終了間際にも、QB3番の上村さんから13番安達さんへのパスで1stダウンを取りますが、それ以上進めません。
第1クォーターは明学大0-3関学大で終了します。







第2クォーター、明学大のQB上村さんから11番村中さんへのパスとランで1stダウン。
4分には同じコンビでロングタッチダウンパスを狙いますが通らず。
6分にも明学大は村中さんが上村さんからのパスをナイスキャッチ。
3rdダウンでクォーターサックにあいパントで攻撃権は関学大に。
9分の明学大の攻撃は関学大の反則で敵陣地に。QB植村さんから安達さんへのパス、再び関学大の反則、村中さんへのパスでゴールまで8ヤード。
最後は6番根岸さんのランでタッチダウン。明学大6-3関学大と逆転。
前半終了間際にもフィールドゴールで、明学大9-3関学大で前半は終了します。









第3クォーター、明学大のQBが10番山下さんに交代します。2プレイ目で山下さんから17番小宮さんへのロングパス。再び同じコンビのパスでゴール前に。
3分、6番根岸さんのタッチダウンで明学大16-3関学大に。
6分過ぎ、明学大は48番鈴木さんのロングラン、QBから鈴木さん、小宮さん、冨永さんへのパスでゴール前に。
最後は13番安達さんへのパスでタッチダウン。明学大23-3関学大。
8分にもQBラン、関学大の反則によるゲイン。最後は安達さんへのタッチダウンパスで明学大29-3関学大で最終クォーターに。









第4クォーター、関学大のギャンブルプレイで1番が抜け出して、この試合初のタッチダウンを奪われ、明学大29-9関学大に。
残り時間4分で明学大はパスを硬く決めてきます。ハーフライン付近からQBランで1stダウン。
残り41秒、QBが走りながらのロングパスがタッチダウンに繋がり、明学大35-9関学大で試合は終了しています。









明学大はこれで2連勝。リーグ戦第3戦は10月7日(日)11時~東京工業大学(東工大・大岡山G)戦になります。