スマートフォン版を表示
2019年10月19日

アメリカンフットボール部 リーグ第4戦 VS成城大学

アメリカンフットボール部が、
10月19日(土)へボンフィールドでリーグ戦の第4戦、成城大学(以下、成城大)戦が開催されました。
現在、明学大は3戦全勝です。
 

 
第1クォーター、成城大の攻撃が継続されます。
パス、ランで明学大ゴール前に。
7分、成城大はフィールドゴールを狙い成功。3点先取となります(明学大0-3成城大)。
 

 
8分、明学大のパスを成城大がインターセプト。
成城大の最初の攻撃でロングパスが通り、タッチダウン。明学大0-10成城大に。
 

 
終了間際、明学大はQB13番安達選手のランにより連続ロングゲイン。
1番根岸選手のゲインもあり、ゴール前に進んで第2クォーターに。
 

 
第2クォーター開始45秒、明学大のフィールドゴールが決まり3-10。
2分半、31番松葉選手のロングゲインで成城大ゴール前に。
パスでゴール前まで行きますが、ここもフィールドゴールを狙い成功。明学大6-10成城大に。
 

 
7分半、成城大のパントを11番村中選手がナイスリターン。
QB17番小宮選手から13番安達選手、11番村中選手へのパスでゴールまで残り10ヤード。
 

 
10分、11番村中選手へのパスが決まりタッチダウン。
明学大13-10成城大と逆転して、前半は終了します。
 

 

 
ハーフタイムはチアリーディング部が観客を楽しませてくれました。

 
第3クォーター、開始2分、13番安達選手、48番鈴木選手の連続ランで成城大陣地へ。
17番小宮選手から安達選手へのパスでゴールまで残り20ヤード。
 

 
4thダウンになり、17番小宮選手のギャンブルランで1stダウン獲得。
最後は小宮選手から、13番安達選手のパスが決まり、タッチダウン(明学大20-10成城大)。
 

 
ところが、攻撃権を得た成城大がここで明学大ゴール前に進出。
ゴールまで残り20ヤードで最終クォーターに。
 

 

 
第4クォーター、成城大はパスとランで、ゴール前残り3ヤード。
ランによるダッチダウンで、明学大20-17成城大。試合は混戦となります。
 

 
その後、試合の流れは成城大になります。
ところが、明学大の11番村中選手へのロングパスが決まり、そのまま独走してダッチダウン。
流れを変えるビックプレイが出ます(明学大26-17成城大)。
 

 

 
その後も、成城大のロングパスを29番峰岸選手がインターセプト、20番辻選手の好ディフェンス。
8分にも、成城大のパスを33番高島選手がインターセプト。
 

 
終了間際には、13番安達選手のQBラン、48番鈴木選手のランでタッチダウン。
試合は明学大33-17成城大で終了しています。

明学大は全勝を確保。
次の試合は、11月3日(祝・日)13時45分~VS東京工業大学(ヘボンフィールド)になります。
全勝同士の大一番になります。