スマートフォン版を表示
2018年9月9日

ラクロス部女子 リーグ戦第2戦 VS東京女子体育大学

ラクロス部女子のリーグ戦、第2戦が9月9日(日)日本大学藤沢キャンパスで開催されました。
対戦相手は東京女子体育大学(以下、東女体大)です。
ラクロス部女子は、開幕戦の横浜国立大戦は5-7で敗れており、入れ替え戦に向けてこれ以上の星は落とせません。



試合は開始1分、東女体大のシュートが決まって先制されます。2分には明学大のシュートを相手ゴーリーがキャッチ。
3分には東女体大が、ゴール裏からのパスを直接シュートで追加点。明学大0-2東女体大になります。
明学大の得点は11分。東女体大ゴール前の混戦でボールを奪ったシュートが決まります。
その後の東女体大の攻撃は激しいものがありますが、明学大ゴーリーの好守が光ります。
20分、東女体大がカウンターを仕掛けて3点目。ここで明学大がタイムを要請します。
タイム明け、明学大がシュートを入れ明学大2-3東女体大。







ところが22分、明学大ゴール前のディフェンスが甘くなったところを東女体大につかれます(明学大2-4東女体大)。
明学大も前半終了間際にフリーシートを決めて、前半は明学大3-4東女体大で終了します。
試合は一進一退、明学大は初戦同様に、動きが硬くミスが多いように感じます。







後半開始1分。明学大15番が右サイドから正面に倒れこんでのシュート、明学大の得点で後半はスタートします。
続く3分、明学大は東女体大ゴール裏からのパスを15番が合わせて見事なゴール。明学大5-4東女体大とこの試合初めて明学大がリードをします。
8分、東女体大のカウンター攻撃。自陣から持ち込み3本のパスを繋げてゴール。同点になります。
ゴール後のドロー、明学大44番が持ち込みそのままシュート、明学大6-5東女体大と再びリードします。
ところが12分に東女体大のフリーシュートで再び同点に。明学大はここでもタイムを要請します。
タイム明け、東女体大がゴール裏から正面にパス、シュートが決まって明学大6-7東女体大と再逆転。









残り8分となり、両チームのボールの奪い合い、玉ぎわのプレイがいっそう激しくなります。
残り2分。明学大はボールを確保しますが、ゴールになかなか向かうことが出来ません。
スタンドからは「シュートを打て!ゴールに向かえ!!」といった声が。明学大が連続シュートを打ちますが、ゴールはなりません。
スタンドのOGからは「惜しいんだけど…」といった声も。そして審判の終了のホイッスルが鳴り、明学大6-7東女体大で試合は終了します。







開幕2連敗と予想外のスタートになったラクロス部女子。リーグ戦は続きますので、リセットして次の試合に臨んで欲しいと思います。
次の試合は9月23日(日)10時半~VS駒澤大学でホームのヘボンフィールドでの開催になります。