スマートフォン版を表示
2018年11月11日

ラグビー部 対抗戦第6戦 VS立教大学

ラグビー部の対抗戦の第6戦、立教大学(以下、立大)戦が11月11日(日)立大の富士見Gで開催されました。
両チームともに5戦全勝で入れ替え戦への進出が決定しています。勝ったチームが優勝です。



試合は立大のキックでスタート。
2分、ファーストスクラムは立大が強烈に押します。3分、明学大ゴール前、立大のスクラム選択と明学大の反則が繰り返されます。
10分、立大がスクラムから左に展開、9番が抜け出し先制のトライを奪います(明学大0-7立大)。
12分、明学大の好タックルで立大がノックオン。15分、立大の反則で明学大がペナルティゴールを入れます(明学大3-7立大)。





18分、明学大の反則を立大はタッチに蹴り出しモールで押し込んでトライ(明学大3-12立大)。
22分、立大の連続攻撃後、ウイングが走りきりトライ(明学大3-17立大)。
立大は29分にはスクラムから右に展開してトライ、32分にも明学大ゴール前のモールを押し込んでトライ。
39分には明学大は立大のゴール直前に行きますが取りきれません。
前半は明学大3-27立大で終了します。立大の個々の強さが光ります。







後半5分、明学大は左サイドをFWが抜け出し、フォローした13番が走り抜けトライ(明学大8-27立大)。
7分、明学大ボールを奪った立大が展開して左隅にトライ(明学大8-32立大)。
9分過ぎから5分ほど明学大の攻撃が続きます。
立大の反則もあり立大ゴール前で釘付けにしますが、最後は明学大の反則。
22分にも明学大は再三立大ゴール前に行きますが、最後は立大にボールを奪われてしまいます。
25分にも立大はスクラムを押して反則をとります。







29分、立大は右サイドを個人技で抜け出してトライ(明学大8-37立大)。
立大は33分にもスクラムサイドを突いてトライ、36分にも自陣から明学大エリアに一気に入り、最後は左サイドを余らせてトライ(明学大8-51立大)。
明学大はロスタイムにスクラムハーフが抜け出してトライを取りますが、試合は明学大15-51立大で終了しています。







立大のFW、個々の選手の強さに明学大は対応できなかったようです。
次の明学大の試合は、入れ替え戦前の最終試合。11月24日(土)14時~一橋大学戦(熊谷Bグラウンド)になります。