スマートフォン版を表示
2019年11月24日

ラグビー部 対抗戦第7戦 VS立教大学

ラグビー部の対抗戦の最終戦、立教大学(以下、立大)戦が11月24日(日)に熊谷ラグビー場Bグラウンドで開催されました。
両チームともに6戦全勝、勝ったチームが優勝です。

試合は明学大のキックでスタート。


 
6分、立大が明学大ゴール前のモールで反則。
8分、立大のノックオンからファーストスクラム。スクラムで立大がペナルティを取られます。
明学大のフォワードはお互いを鼓舞しています。
 

 

 
12分、明学大ゴール前で立大がノックオン。
雨はあがっていますが、天然芝のグラウンドはぬかるんでいます。
14分に試合が動きます。
立大のウィングが自陣より抜け出して、個人技でそのままトライをあげます(明学大0-7立大)。
 

 

 
21分、明学大はゴール前の立大の攻撃を守り切ります。
23分、立大は明学大ボールを取り返し、右に展開してこの試合2つ目のトライ(明学大0-14立大)。
25分を経過しますが、立大のフォワードのパワー、バックスのスピードに押されています。
 

 

 
27分、明学大は立大陣地に入りますがスクラムで反則。
33分、立大は明学大をゴール前に釘付けにします。
密集からの縦の攻撃で右に展開、この日3つ目のトライをあげます(明学大0-21立大)。
前半はこのまま終了します。明学大は立大陣地に進めません。
 


後半に入り明学大が開始早々にノックオン。
 

 
4分も密集サイドの攻撃を仕掛けますがノックオン。
15分を経過しますが、後半は両チーム得点がありません。
明学大は展開のラグビーを試みますが、なかなかゲインラインを超えられません。
 

 

 
16分、立大が明学大ボールを奪い左に展開、バックスが走り抜けて後半初のトライ(明学大0-28立大)。
20分経過、立大の出足がますます早くなります。
明学大はセットプレイが安定しません。
 

 

 
27分、立大がキックパスから左サイドを走りぬけトライをあげます(明学大0-35立大)。
35分にも立大が明学大ボールを取り返しゴールラインにグラバーキック。
ゴール内で押さえ込んで明学大0-42立大。
明学大は試合終了間際に密集からフォワードがトライをあげますが、試合は明学大7-42立大で終了しています。
 

 

 

 
対抗戦Bグループは立大が全勝で優勝。
明学大は2位となりましたが、12月7日(土)の入れ替え戦には進出が決定しています。
【入替戦応援企画はこちら!→ https://www.meijigakuin.ac.jp/gakusei/rugby/2019/2019-11-25.html