スマートフォン版を表示
2018年5月1日

サッカー部 東京都1部第2節 VS山梨学院大学

4月29日(日)11時~ヘボンフィールドでサッカー部の第2節(VS山梨学院大学…以下、山学大)が開催されました。





試合は開始5分、山学大のコーナーキックをヘディングでこの試合初シュート。山学大は右サイドの攻撃が多いようです。
10分、明学大はコーナーキックで初のチャンス。GKを越えたファーサイドのこぼれ玉を、26番1年生の野原さんが押し込みます。
明学大1-0山学大と先制します。
21分、9番黒石川さんのロングシュート、枠をとらえられません。
22分にも21番鳥谷部さんがシュートを放ちますが力なくキーパーの正面に。
23分、明学大ゴール右で山学大が反則をもらいますが生かせません。
27分にも山学大は右サイドからクロス、ゴール前で合いません。
一方の明学大も攻撃を試みますが、オフサイドの判定を多く取られてしまいます。





31分、10番行武さんから11番土屋さんに渡って左足のシュート、相手キーパーがセーブします。
40分にも行武さんから野原さんへのボールをループ気味のシュート、枠をとらえることが出来ません。
41分にも行武さんが目のさめるようなロングシュート。これはキーパーがパンチで逃げます。
45分にも左サイドから土屋さんがシュートを打ちますがポストに当たります。
ロスタイムの46分、山学大が持ち込んだボールを明学大ディフェンスが後ろからチャージ。このプレイでPKを取られます。
山学大が慎重に決め、同時に前半が終わります。





後半3分、鳥谷部さんがゴール前でのシュートを外します。頭を抱える鳥谷部さん。
4分、山学大がサイドから中央にパス、更に左に展開して1対2の状態に。明学大の失点に繋がります。明学大1-2山学大。
16分、左サイドを鳥谷部さんが持ち込み、ゴール前の混戦で行武さんがゴールを決めます。明学大2-2山学大と追いつきます。
20分経過、山学大の足が止まってきているように感じます。明学大のシュートで終わるシーンが多くなります。
22分、明学大のコーナーキックから黒石川さんがシュートを打ちますが枠を外します。
23分、サイドから鳥谷部さんのクロスボールを黒石川さんが決めます。明学大3-2山学大で勝ち越します。





26分にも黒石川さんが個人技でゴール前に、シュートはわずかに外れます。
40分過ぎて山学大の選手が倒れるシーンが多くなります。
明学大の好展開の中、44分山学大が明学大ゴール前で反則を取ります。明学大ベンチの鈴木監督の抗議に審判から注意が。
山学大のフリーキックは明学大の壁に当たります。試合はこのまま明学大3-2山学大で終了。





明学大は連勝で勝ち点6。単独首位に立っています。
次の試合は第3節、5月6日(日)11時~大東文化大学戦(ヘボンフィールド)、ホームでの試合が続きます。
3連勝で波に乗りたいところです。