スマートフォン版を表示
2018年6月18日

サッカー部 東京都1部第8節 VS日本大学

6月17日(日)11時よりサッカー部の第8節、日本大学(以下、日大)戦がヘボンフィールドで開催されました。
現在、明学大は6勝1敗、勝ち点18でトップ。一方、日大は4勝1敗2分、勝ち点14で3位。
上位争いの重要な1戦に、両チームのスタンドの応援にも熱が入ります。



前半は明学大のキックオフ。まずはフィールド中盤でのボール争いの展開。
前半4分、日大のフリーキックを明学大GK松田さんが直接キャッチします。
徐々に両チームが相手ゴールの手前まで攻めこむようになると、
前半6分、明学大ディフェンスがペナルティエリアで日大選手を倒してしまい、PKをとられます。
日大キッカーが確実にゴール右スミに決め、明学大は先制を許します。明学大0-1日大となります。





なおも日大は前半10分、右サイドに切り込みシュートを放ちますが、明学大はしのぎます。
一方、明学大も逆襲。前半17分にフリーキックのチャンス、前半20分にはヘディングで日大ゴールを脅かします。
この時間帯は明学大ペース。サイドチェンジをうまく使い、前半32分、35分にもシュートを放ちます。
しかし、なかなか得点につながらないと、日大もカウンター攻撃からペースをつかみ始めます。
前半40分、42分と立て続けに明学大ゴール前まで迫り、コーナーキックもありましたが、
明学大ディフェンス陣が冷静に対応。相手のシュートコースをふさぎ、得点を許しません。
GK松田さんの好守も光ります。
前半終了間際に明学大も中盤でボールを奪い、森山さんがシュートを放ちますが、外れます。
このまま、明学大0-1日大で前半終了。明学大観客席からは、「前半はチャンスが少なかった」という声も聞かれました。







後半は日大のキックオフ。中盤でのスピード感あるボール争いから、次第に両チーム、ゴール前の攻防に移ります。
後半6分、日大のコーナーキックを、GK松田さんがダイレクトキャッチ。
明学大も相手ゴール前にボールを上げますが、相手GKに阻まれます。
後半14分、日大ゴール前での攻防。行武さんと飛び出した相手GKが競り合います。
こぼれて右サイドへ流れたボールを両者が追いかけ、先に追いついた行武さんが難しい体勢からシュート。
これが無人のゴールへ吸い込まれ、明学大ついに同点。明学大1-1日大となります。
その直後に日大が速攻。明学大ゴール前まで到達し、シュート。GK松田さんが飛びついてボールを弾くと、
そのこぼれ球も日大選手がシュート。
GK届きませんが、ボールはゴールバー。明学大、絶体絶命のピンチを切り抜けます。
すると後半23分、鳥谷部さんが左サイドからクロスを上げ、行武さんがヘディングで合わせてゴール。明学大2-1日大。
明学大、ついに逆転します。







直後の後半24分、この勢いを逃さず、柴田さんのセンタリングに森山さんが合わせて、きれいなゴール。
明学大3-1日大とリードを広げます。
明学大の攻勢は続きます。後半30分、中央から黒石川さんのシュートでゴールを決め、明学大4-1日大。
さらには途中出場の高田さんもゴールを決め、明学大5-1日大とします。
明学大の攻勢の中、日大も反撃を試み、アディショナルタイムにはフリーキックからシュートまで持ち込まれますが、
GKが右へダイブし、防ぎます。
このまま試合は終了。明学大5-1日大。3位から上位をうかがう日大を振り切りました。


【行武さん 2点目のヘディングシュート】


【黒石川さん 4点目のシュート】



次のリーグ戦は前半最終節。
6月24日(日) 15:30 へボンフィールドでの学習院大学戦です。