スマートフォン版を表示
2018年9月27日

サッカー部 東京都1部第13節 VS朝鮮大学

9月26日(水)にサッカー部第13節の朝鮮大学(以下、朝鮮大)戦がヘボンフィールドで開催されました。





総理大臣杯に出場したことで、変則的な開催になっていますが、実質的には15試合目になります。
9月23日(日)の成蹊大学戦の勝利で13勝1敗、リーグ優勝を決めたサッカー部、本日の試合はメンバーを大幅に入れ替えています。





雨の中、明学大のキックオフでスタート。開始早々に明学大は早くもイエローを貰います。
7分、朝鮮大GKが処理ミスでボールがゴール前を素通りしますが、28番高田さんは届かず。
10分には朝鮮大が連続のセットプレイ。雨のためボールが滑っているようです。15分経過、静かな展開ですが、
朝鮮大10番の右サイドからスピードのある再々の攻撃を、2番柴田さんがマークしています。





17分、明学大27番柴野さんのセンターリング、フォローがいません。22分にも15番鶴田さんのゴール前へのスルーパス、高田さんに届かず。
26分、明学大の連続コーナーキック、11番土屋さんのシュートはGKキャッチ。30分朝鮮大の右からのコーナーキック。頭で合わせてゴール前を通過。ヒヤリとさせられます。35分、明学大のフリーキック、31番武田さんが頭で合わせますが、枠をとらえられず天を仰ぎます。40分過ぎ、明学大が朝鮮大陣地でボールを支配。コーナーキックからの22番森田さんのヘッドは力がありません。
前半は決定的シーンの無い中、両チームとも無得点で終了します。やや朝鮮大が優勢に感じます。





後半に入って2分、朝鮮大左サイドからのクロスをシュートしますが明学大岡田さんがキャッチ。





9分に試合が動きます。左サイドからの突進からセンタリング、右サイドの11番土屋さんが豪快に決めて先制、明学大1-0朝鮮大となります。19分にも明学大は土屋さんのフリーキックを、25番原川さんがヒールで合わせて明学大2-0朝鮮大。





21分、明学大の右サイドからのコーナーキックを39番加藤さんがヘッド、右ポストを直撃します。
23分にもゴール正面で反則を貰った明学大、21番鳥谷部さんのフリーキックはゴールマウスを外れます。





後半は完全に明学大ペース。25分過ぎに連続のコーナーキックのチャンス。
後半に入った21番鳥谷部さんが仕掛けてきて試合にテンポが出ています。
35分にも鳥谷部さんの仕掛けで反則を貰い、フリーキックは加藤さんの頭に合わせますが枠を外します。
41分にも左サイドから鳥谷部さんが仕掛け、そのままのシュートはポストのわずかに右に。試合はこのまま明学大2-0朝鮮大で終了。





優勝が決まって、メンバーをいろいろと試している明学大、強さは変わりません。
次のリーグ戦は9月30日(日)15時半~VS東京経済大学(ヘボンフィールド)で第16節が開催されます。
今シーズン明学大の敗戦は春季の東経大の1敗だけです。次戦は落とせません。