スマートフォン版を表示
2018年11月17日

サッカー部 昇格決定戦 VS産業能率大学

11月17日(土)にサッカー部が関東リーグ昇格をかけた昇格決定戦が開催されました。
対戦相手は産業能率大学(以下、産能大)です。埼玉スタジアム第3グラウンドは満員です。



前半3分、産能大のシュートをGKがキャッチ。10分経過していますが明学大の動きが硬く産能大ペースです。
18分、産能大が右サイドで切り替えしての左足のシュート。ゴール左にそれますがスタンドが沸きます。
20分にも明学大ゴール前の密集から産能大のシュート。20分過ぎますが明学大は全くの不調。産能大はシュートで終わります。







24分、産能大が左サイドからクロス、ゴール前の9番にわずかに届きません。
そして33分に試合が動きます。産能大の連続コーナーキック。ヘッドで落としゴール前密集から蹴りこんで産能大が先制します。
40分に明学大26番野原さんがシュート。明学大はこの試合初シュートです。
ロスタイムにも産能大はチャンスをつかみますが、守護神松田さんの飛び出しで防ぎます。
前半は明学大0-1産能大のまさかの展開で終わります。









後半6分、明学大のクロスに6番の原川さんとGKが競りますがヘッドならず。
7分にも明学大のゴール前クロスを8番新井さんのヘッドはGKの正面。
9分の原川さんのシュートは相手ディフェンスに当たります。明学大は前半より動きは良いようです。
11分、産能大の個人技にひやりとさせられます。13分、明学大のコーナーキックからのシュートは枠を捉えません。









14分、産能大の左サイドからのクロスはバーを直撃。
23分にも産能大は右クロスから連続ヘッド、GK松田さんがキャッチ。
33分にも産能大のカウンターを松田さんが好守。
残り10分。産能大の攻撃をGKが飛び出して防ぎますがこのプレイでPKを取られます。PKを冷静に決められて明学大0-2産能大に。
ロスタイムの9番鳥谷部さんのシュートはGKがパンチ。8番新井さんの左足も枠を捉えません。
そして無常のホイッスル。









まさかの結果です。明学大は全く良いところが無く完敗でした。
今年度、あれだけの快進撃を続けてきたサッカー部。
応援に来た明学大サポーターの誰がこの試合結果を予想したでしょうか。明学大の選手も観客も静まり返っています。

試合後、サッカー部の西村GMからは
「武田、原川、野原の1年生トリオが春、夏、秋と常に先発し先頭に立ち続け、疲れきっていたと思います。
チームの躍進には彼らを含め1年部員の貢献があったからこそです。本来のポジションでないプレイも強いてきました。
そしてセンターバック澤田の長期離脱、チームの柱の高橋主将の怪我。最後の最後で負の連鎖につながってしまったと思っています。
前期リーグ戦を戦いながらアミノバイタル杯に参戦、9月の総理大臣杯の大阪遠征、帰京後の水曜日・日曜日の後期リーグ戦、関東大会、昇格決定戦。
これ以前にも、九州遠征、夏季合宿…。全速・全開で走り続けたことが、取り返すことの出来ない疲労の蓄積を生んでしまったと感じています。
残念な結果で1年を終わろうとしていますが、この経験は必ず来年につながると考えます。
そして、来年こそ関東大学サッカーリーグに再昇格してくれると思います」
といったコメントを貰っています。