スマートフォン版を表示
2019年4月28日

サッカー部 リーグ戦第2節 VS東京経済大学

4月28日(日)にサッカー部のリーグ戦第2節、
VS東京経済大学(以下、東経大)がヘボンフィールドで開催されました。
明学大は初戦は東京大学に2-0で勝利。連勝スタートを目指したいところです。


 

 
前半1分、右サイドから正面に出たボールを、
10番の行武選手がGKに競り勝って先制のゴール。エースが開始早々に得点を入れ、幸先の良いスタートです。
8分には右サイドからのセンタリングを7番野原選手が頭で合わせますが、左ポストに嫌われます。
15分にも1年生の27番山内選手が左サイドを突破、センタリングはゴール前で合いません。
 

 

 

 
20分を過ぎてから明学大のペース。前線から野原選手、石坂選手、武田選手のディフェンスで東経大は自分たちのプレイができません。
30分には明学大はコーナーキックを4番浅貝選手がヘッド、わずかにポスト左にそれます。
その後31分に試合が動きます。
黒石川選手の左コーナーキックを、フリーになっていた20番守屋選手が頭で合わせて追加点(明学大2-0東経大)。
 

 

 
続く34分にも黒石川選手の突破、左足のシュートがゴール右隅に決まります。(明学大3-0東経大。)
39分には東経大がゴール正面からシュート、これが東経大今試合の初シュートではないでしょうか…。
東経大がゴール前に送り出すボールは、浅貝選手、5番の澤田主将がはね返します。前半は明学大3-0東経大で終了、前半は完璧な展開です。
 

 

 
後半は明学大のキックオフでスタート。開始早々、後半交代で入った3番森山選手が左サイドで軽快な動きを見せてくれます。
5分、明学大のコーナーキックを20番守屋選手がニァで合わせますがGKがパンチング。
9分、27番山内選手が素晴らしいドリブルとフェイントで折り返しますが、ゴール正面で合いません。
 

 

 
15分すぎて後半も明学大のペースです。
21分、明学大の左サイドからのクロスボールを、ゴール前フリーの9番武田選手が合わせてゴールが決まります。(明学大4-0東経大)
 

 

 
27分、明学大はカウンターから2対2の展開になりますが、コーナーキックに逃げられます。
30分過ぎにも途中出場の16番天本選手がゴール前に絡みますがシュートは打てず。
42分には早い展開から3対3に、3番森山選手が右サイドを抜け出してシュートを放つもポストわずか左に。
 

 
試合はこのまま明学大4-0東経大で終了。明学大の繋ぐサッカーが、観客を魅了してくれました。
観客席にいたOBも試合展開に大変感心していました。
明学大は開幕2連勝、第3節は5月5日(日)VS上智大学の予定でしたが、協会の都合で延期になっています。