スマートフォン版を表示
2019年5月12日

サッカー部 リーグ戦第4節 VS山梨学院大学

5月12日(日)にサッカー部のリーグ戦第4節(3節は延期のため、実質的には第3戦目)、
VS山梨学院大学(以下、山学大)がヘボンフィールドで開催されました。
明学大は2戦2勝、連勝して波に乗りたいところです。


 

 
前半5分、山学大は右サイドからのセンタリングをシュート、2番の柴田選手が体を張ってブロックします。
10分、明学大は10番行武選手がゴール正面で倒されます。
先制のチャンスでしたが、11番黒石川選手のフリーキック(FK)は壁に阻まれます。
 

 

 
16分、山学大は右サイドからFK、蹴ったボールは明学大選手がゴール前ヘッドでクリア。ペースは山学大です。
18分、試合が動きます。山学大、左サイドからのクロスを、2番が頭で合わせ先制(明学大0-1山学大)。
25分にもゴールエリア内で山学大のシュート、ヒヤリとさせられます。
 

 

 
27分、明学大10番行武選手から2番柴田選手への絶妙のパスはオフサイドの判定。
30分、山学大の右サイドからのカウンター、14番の柴野選手が間に合い防ぎます。
さらにその後33分、山学大の右サイドからの攻撃は、明学大守護神の岡田選手がパンチングで防ぎます。
 

 

 
38分、明学大7番野原選手の振り向きざまのシュートはディフェンスに当たります。
42分にも、10番行武選手、7番野原選手と繋いで11番黒石川選手のシュート。
しかし、枠を捉えず、前半は明学大0-1山学大で終了します。
 

 

 
後半は、明学大14番柴野選手のヘディングシュートでスタート。
5分にも、11番黒石川選手の右サイドからの突進からのシュートは相手GKに防がれます。
9分、10番行武選手がフリーに、しかしこれはオフサイドの判定に…
その後11分にも、10番行武選手の連続シュート、明学大が徐々にペースをつかみます。
 

 

 
20分、明学大のペースで試合は進みますが得点シーンはなし。
山学大の攻撃は、4番浅貝選手、5番澤田主将を中心に防ぎます。
その後22分、試合が動きます。
山学大が縦一本のパス、右サイドから放たれた強引なシュートは、弧を描き明学大ゴールマウスの左奥へ。山学大の追加点です。
 

 

 
試合は30分を過ぎますが、明学大の決定的なシーンは見ることができません。
44分には、9番武田選手が右サイドからクロス、しかし10番行武選手のシュートはヒットしません。
45分には、武田選手が抜け出してGKと1対1に。狙い済ましたシュートはGKのビックセーブに阻まれます。
試合はこのまま明学大0-2山学大で終了しています。
 



 
この試合、明学大両サイドからのクロスを、山学大GKがタイミングよく飛び出して処理していました。
明学大は前節の繋ぐサッカーが出来ませんでした。
次の試合は、5月19日(日)14時~アミノバイタルカッププレーオフのVS埼玉工業大学(国際武道大学)になります。
リーグ戦は1週あけて、第5節が5月26日(日)13時~VS帝京大学(工学院大学 八王子校舎)に開催されます。