スマートフォン版を表示
2019年5月26日

サッカー部 リーグ戦第5節 VS帝京大学

5月26日(日)にサッカー部の東京都1部リーグ第5節(第4戦目)、
VS帝京大学(以下、帝京大)が工学院大学八王子キャンパスで開催されました。
明学大は前節で敗退、連敗は出来ません。


 

 

 
開始9分、帝京大に連続してコーナーキックのチャンスを与えますが、静かな展開です。
開始15分が過ぎますが、明学大のボールが繋がりません。
17分、11番黒石川選手の右サイドの突進は相手ディフェンダーに絡まれます。
18分、明学大左サイド16番天本選手からのクロスは、10番行武選手の頭に合いません。
 

 

 
20分が過ぎ、明学大両サイドからの攻撃が機能し始めます。
26分、帝京大は明学大ゴール前でフリーキック。直接狙いますが、ゴール右に外れます。
40分、黒石川選手のゴール正面左足のシュートは、相手GKがキャッチ。
 

 

 
42分、右サイド2番柴田選手からのクロスは、ゴール前の行武選手に合いません。
44分には、フリーキックのチャンス。黒石川選手のシュートは相手GKにセーブされます。
45分にも、行武選手が右サイドからGKをかわし、シュートを放ちますがポストの左に。
前半ロスタイム、7番野原選手のシュートはバーのわずかに上、観客席からどよめきが…。
 

 

 
前半は明学大0-0帝京大で終了します。
帝京大が良く守っていますが、35分過ぎから明学大のサッカーが良くなってきました。
西村GMからは「前線からもっとプレッシャーをかけたいですね」といったコメントも。
 

 

 
後半開始。前半と同様、静かな展開に。
13分、ゴール正面から行武選手から3番森山選手に。
森山選手のシュートはバーを直撃します。
 

 
15分、ゴール前、フリーだった行武選手の頭に合わせますが、シュートは枠を捉えません。
その後16分に野原選手、17分、6番原川選手のシュートで終わります。
そして、20分に試合が動きます。
明学大は右サイドから正面に展開、左サイドにいた黒石川選手がボールを確保してそのままシュート。
ゴールネットに吸い込まれ、明学大が先制します(明学大1-0帝京大)。
 

 

 
明学大は後半から入った17番神谷選手(1年)が右サイドで効果的な働きを繰り返します。
23分、左サイド黒石川選手のパスを行武選手のループシュート。
ゴールマウスを捉えません。
 

 

 
24分、帝京大のカウンターは5番澤田主将が体を張ります。
明学大の時間が続きます。
35分、ゴール正面から柴田選手が左足のボレーシュート。左サイドネットを揺らします。
明学大の追加点で明学大2-0帝京大。
 

 

 
39分、森山選手からのパスを神谷選手がシュート。
40分にも、ゴール前の混戦から19番高田選手の左足は、ポスト右に直撃。
ロスタイムには、14番柴野選手が、自陣からカウンターで持ち込みそのままシュート、ゴール左に外れます。
試合はこのまま明学大2-0帝京大で終了します。
 
明学大は前半、帝京大の好守に阻まれましたが、後半はいつものプレイで帝京大を寄せ付けませんでした。
明学大は3勝1敗で勝ち点9。
国学院大学に続いて2位の位置をキープしています。
次の試合は、第6節が6月2日(日)10時~VS学習院大学(学習院北グラウンド)で開催されます。