スマートフォン版を表示
2019年6月16日

サッカー部 リーグ戦第8節 VS國學院大學

6月16日(日)サッカー部のリーグ戦第8節(第6戦目)、VS國學院大學(以下、國學大)が、
國學大相模原グラウンドで開催されました。


 

 
前半、國學大のキックオフでスタート、静かな展開が続きます。
15分、明学大は27番山内選手(1年)のゴール前への左クロスは、7番野原選手のシュートに繋がらず。
22分、10番行武選手がボールをカット、GKと競りますがシュートを打てません。
 

 

 
前半ペースは明学大ですが、先制点が取れません。
30分、14番柴野選手の左足のシュート。
34分には、11番黒石川選手が胸でトラップしてのシュート。しかし、ゴールマウスのわずか左に。
35分にも、7番野原選手がゴール正面からロングシュート。明学大、シュートで終わります。
 

 

 
35分、試合が動きます。
ゴール正面、3番森山選手のパスを7番野原選手がシュート。ボールはゴール左隅に決まります。
明学大の先制です。
 

 
37分、11番黒石川選手が個人技で持ち込み、左足のシュートを放ちますがGKがキャッチ。
前半は明学大1-0國學大で終了します。
 

 
後半は、3分國學大のシュートでスタート。
7分、國學大フリーでのシュートはオフサイド。
8分にも、國學大のシュートにひやりとさせられます。後半開始は、國學大の時間です。
 

 
12分、國學大のフリーキック(FK)は頭に合わせますがGK松浦選手がキャッチ。
15分、明学大26番岡本選手(1年)が倒されます。
ゴール前のFKは5番澤田主将の頭に、ヘディングは枠をわずかに外れます。
 

 
17分、國學大9番のシュートは23番GK松浦選手が好セーブ。
19分、10番行武選手がゴール前、上手く体を入れ替えて抜け出すところをGKに倒されます。
「PKか…」と思われましたが審判はノーホイッスル。
 

 
24分にも、10番行武選手のドリブルから、右サイドの7番野原選手に。
ゴール前のクロスを3番森山選手が飛び込みますが、シュートは枠を捉えず。
ところが、25分過ぎから國學大怒涛の攻めが続きます。
セカンドボールも、明学大は取れない状況が続きます。
 

 

 
34分、國學大のシュートは、23番GK松浦選手がパンチング。
35分、國學大フリーのシュートはオフサイドの判定。
ロスタイムまで國學大のシュートで終わるシーンが続きます。
 

 
明学大は5番澤田主将、23番GK松浦選手を中心にディフェンス陣が踏ん張ります。
ロスタイム、明学大は17番神谷選手(1年)の右クロスを11番黒石川選手がヘッド。
ボールはゴールマウスのわずか右、観客からはどよめきが。
 
試合はこのまま明学大が守りきり、
明学大1-0國學大で上位同士の対決を明学大が制しています。
明学大の次の試合は6月23日(日)13:20~首位の東京農業大学戦(ヘボンフィールド)になります。