スマートフォン版を表示
2019年6月23日

サッカー部 リーグ戦第9節 VS東京農業大学

6月23日(日)サッカー部のリーグ戦第9節(第7戦目)、
VS東京農業大学(以下、東農大)がヘボンフィールドで開催されました。
現地点での1位(東農大)、2位(明学大)の直接対決になります。


 
試合は前半3分、東農大のフリーキック(FK)でのサインプレイによるシュートでスタート。
5分経過、明学大は7番野原選手が好守の基点になっています。
11分、試合が動きます。
 
 

 

 
明学大左サイドより、野原選手からのクロスを3番森山選手が東農大GKの前でヘッド。
これが見事に決まり明学大が先制をします(明学大1-0東農大)。
続く14分、明学大の右クロスを森山選手がヘッド。
GKがはじいたボールを、エース10番行武選手が押し込み、追加点(明学大2-0東農大)。

 
 

 

 
20分、明学大の加藤監督から「前線からボールを取りに行け!」と声がかかります。
22分、明学大は右サイドから2番柴田選手がゴール前にクロス、行武選手がドンピシャでヘッド。
得点かと思いましたが、相手GKの好セーブで、弾かれます。
こぼれ玉を森山選手がシュートしますが、ゴールマウスは捉えません。
明学大のペースです。
 

 

 
ところが35分、東農大のコーナーキック。ゴール前に放り込まれたボールを明学大クリアしますが、
こぼれたボールを直接ロングシュートで決められ、明学大2-1東農大に。
45分にも、明学大ゴール正面に東農大がドリブル。 
 

 

 
観客席からは「誰か行け…」と声がかかりますが、東農大がそのままロングシュート。
これがゴールマウスを捕らえ、東農大が2-2と追いつきます。
ロスタイム、東農大のカウンターは明学大の守護神、1番岡田選手の好セーブ。
その後も東農大の時間が続きますが、前半はこのまま終了します。
 

 

 
後半4分、東農大のコーナーキックからのヘッドを、守護神岡田選手の好守でスタートします。
12分、野原選手のカウンター、左足シュートはコーナーキックに。
15分、東農大のボールの繋がりがよく、前線からのチェックも厳しく感じます。

 

 

 
20分、東農大の縦パス1本でGKと1対1に。
明学大GK岡田選手がシュートコースを消して阻止します。
25分経過、明学大はフィニッシュに繋がりません。
28分、明学大8番石原選手がドリブルで突進、縦パスがエース行武選手に。
豪快なシュートは僅かにバーを超えます。この時間から明学大の猛攻が始まります。
 
 
 

 
30分、明学大FKは行武選手に合わず。
37分、明学大のコーナーキックからゴール前の混戦、明学大のシュートがゴールマウスに入りましたが、キーパーチャージの判定。
39分には、東農大のカウンター攻撃を17番神谷選手がスライディングでボールを奪います。
 
 

 

 

 
42分、神谷選手からのゴール前のクロス、こぼれ玉を9番武田選手がシュートしますがポストの僅か左にそれます。
ロスタイムに入っても明学大の攻勢は続きます。
左サイドからのクロスを武田選手がヘディングシュート、そのボールを相手GKがキャッチしたところで試合は終了。
首位決戦は明学大2-2東農大で終了しています。
 
 
これで東京都1部リーグは首位が入れ替わり、
國學院大學(勝点16)、東農大(同15)、明学大(同14)と上位陣がしのぎを削っています。
明学大の次の試合は7月7日(日)12:20~上智大学戦(武蔵大学 朝霞キャンパスG)になります。