スマートフォン版を表示
2019年11月10日

サッカー部 関東大学サッカー大会 第2戦 VS江戸川大学

11月10日(日)江戸川大学フットボールフィールドで、関東大学サッカー大会の第2戦が開催されました。
対戦相手は江戸川大学(以下、江戸川大)です。
明学大は初戦は引き分け(PK負け)、11月23日(土)開催の昇格決定戦に向けて負けられない一戦です。
 

 
前半開始早々エースが決めます。
開始15秒、右サイドから2番柴田選手のクロスを10番エース行武選手がヘッド、ゴールマウス左にシュートが入ります。
どよめきの観客、明学大の先制です。
 

 

 
8分、右サイドを江戸川大がドリブル、そのまま放ったシュートはポストの僅か左。ヒヤリとさせられます。
10分にも江戸川大はフリーキックを直接狙いますが、枠を外します。
15分経過、江戸川大のボール保有率が高く感じます。明学大にシュートチャンスがありません。
 

 
27分ゴール正面、明学大26番岡本選手がフリーでボールを貰いますが、シュートはGKがキャッチします。
28分にも岡本選手から10番行武選手に、シュートは枠を僅かに外れます。
 

 

 
30分、江戸川大がゴール正面からシュート、守護神の岡田選手がパンチで防ぎます。
江戸川大の攻撃が優位に感じますが、前半は明学大1-0江戸川大で終了します。
OBからは「追いつかれると流れが変わります。追加点がほしいです。」とのコメントが。
 

 


後半10分経過、両チームとも見せ場をつくれません。
15分、明学大は11番の黒石川選手を投入します。
18分、江戸川大の左サイドからの攻撃を27番山内選手がクリア、江戸川大の左サイドからの攻撃が続きます。
 

 

 
23分、ゴール前のフリーキックのチャンス、13番町田選手、14番柴野選手がシュートを打ちますが相手ディフェンスに当たります。
25分、左サイドを黒石川選手が突破、ゴール正面の行武選手に合わせます。
シュートはゴールラインを割ったと思いましたが、その前に相手ディフェンスがクリアします。
 

 

 
34分、江戸川大は右サイドからのクロスをヘッド、明学大ゴール前でヒヤリとさせられます。
38分、江戸川大の攻撃は24番中井選手がスライディングで防ぎます。
 

 

 
ロスタイム、江戸川大ゴール前で、相手選手を囲んでボールを奪います。
7番野原選手からの丁寧なパスを14番柴野選手がシュート。ゴールネットを揺らします。明学大の2点目です。
試合はこのまま明学大2-0江戸川大で終了。
この試合、要所要所での澤田主将の気迫あるプレイは、チームを鼓舞したように感じました。
 

 

 
第2戦が終わって、明学大の所属するBグループの勝ち点は神奈川大学(勝ち点5)、明学大(同4)、城西大学(同2)、江戸川大(同1)。
第3戦は、11月17日(日)14時~VS城西大学(江戸川大学フットボールフィールド)になります。
昇格決定戦に進出するには、引き分け(PK戦)以上の結果が必要です。