スマートフォン版を表示
2018年9月23日

バレーボール部(男子) 秋季リーグ第3戦 VS茨城大学

9月23日(日)に白金校舎体育館で、バレーボール部(男子)の秋季リーグ戦第3戦(茨城大学、以下、茨城大)が開催されました。
今のところ明学大は1勝1敗。強豪の桜美林大学にフルセットの末、勝利している1戦は評価できます。

第1セット、茨城大のブロックでスタート。取りつ取られつで明学大4-6茨城大。
その後スパイクミス、レシーブミス、ブロックで4-9になりタイムの要請。
4-10、6-10、7-12、10-16となって再びタイムの要請。
タイム明けから、明学大が茨城大のネットタッチを含めて連続得点で13-16、ここで反対に茨城大がタイム。







1番のバックアタックで14-16、8番の驚異的なジャンプのスパイクで15-17。
1番のスパイクと相手のミスで明学大17-17茨城大となります。
19-20から明学大のサーブに黒川監督から「4番マークしろ」と檄が飛びます。
その4番がスパイクをミスして20-20。20-22から1番、7番の両エースのスパイクで22-22。
長いラリーの末、22-24とセットポイントになりますが、フェイントと8番の押し込みで24-24のジュースに。
25-25となりますが、最後はバックアタックをシャットアウトされ明学大25-27茨城大で第1セットは終了します。





第2セットは4-4、5-5、5-7、7-7、から7番のブロック、相手のミスで11-8に。
1番のスパイク、サービスエースで14-10、ここで茨城大がタイム。
タイム明け、明学大のお見合いから茨城大の連続ポイントで14-14で明学大のタイム。







試合は16-16、17-18と競りますが、茨城大のフェイント、スパイク、サーブレシーブが乱れて明学大17-21茨城大に。
8番のスパイクで19-21まで追いすがりますが、19-22、19-23、20-23。スパイクアウトで20-24。
その後粘ってブロックを決めて23-24になりますが、明学大23-25茨城大でこのセットも失います。





第3セット、5-6からスパイクミス、連携ミス、ブロック、スパイクアウトで5-10に。
その後相手のサーブミスで8-12まで行きますが、スパイクのミスもあり10-15と点差は縮まりません。
11-17から追い上げて8番のスパイクで13-17に。黒川監督から「慌てるな!」と檄が飛びます。3番のクイックで14-18に。







ところがここから得点が伸びません。時間差攻撃、レシーブミス、サービスエースで14-21となり明学大のタイム。
8番のスパイクがブロックされ14-22。
1番のバックアタック、7番の連続スパイクで17-23となりますが、このセットも明学大18-25茨城大で試合は終了しています。





もつれた試合でしたが、明学大の公式戦第3戦はストレート負けとなってしまいました。
次の試合は30日(日)11時~の第2試合、VS桐蔭横浜大学(白金校舎)になります。