スマートフォン版を表示
2020年12月2日

『日本経済新聞』(2020年12月2日朝刊)掲載 「主な大学の2021年度授業の計画」に関する本学からの訂正

2020年12月2日
明治学院大学

学長 村田玲音

2020年12月2日発行の『日本経済新聞』(朝刊)3面に、「主な大学の2021年度授業の計画」という記事が掲載され、アンケートの回答をもとに本学の2021年度授業計画が「遠隔中心」であるとして報道されましたが、正しくは「対面中心」です。

本学は下記Webサイトでの発表どおり、極力、「対面授業」を行う形でカリキュラムを考えてまいりましたのでご理解ください。

2020年度秋学期の授業について(2020年7月21日)
2020年秋学期開始を前にして(2020年9月16日)

ただし、コロナウイルス感染症を恐れる気持ちは人により異なるため、「遠隔授業」か「対面授業」かの選択につきましては、なるべく教員・学生個人の意思を尊重してまいりました。その選択などのため、実質的には「遠隔授業」が多い状況かもしれませんが、「対面授業」を基本としていることに変わりはございません。今後も新型コロナ感染症の状況を注視しながら、この方針に則り、本学の教育を続けてまいります。