国際経営学科

経済学科 | 経営学科 | 国際経営学科

国際ビジネスは、刻々と変動する経済環境の中で、言語や価値観、政治体制の違いを乗り越えて展開されます。このダイナミズムの中で活躍する力を身につけるため、企業の諸問題をグローバルな市場環境の中で理解する基礎学力、国際的コミュニケーション能力を養います。ボーダーレス化する国際ビジネスの現場でイニシアチブを発揮しようとする学生を期待します。

国際経営学科の特徴

ビジネス専門科目×外国語プログラムでグローバルに活躍できる人材を育成

ビジネスに関する専門科目とともに、1年次から外国語スキルアップのために「English for Business Communication」、インターネットによる「e-learning」、国際ビジネスを外国語で理解するための「外国書講読」「海外フィールドスタディ」など多彩なプログラムを準備しています。2年次には原則全員留学を課します。

2年次には全員が留学。語学を磨き、国際ビジネスを体感

原則として全員が欧米からアジアまで約15校に上る協定校への留学を実施。それぞれの留学先ごとに異なったテーマで、市場調査などを通して国際ビジネスをダイナミックに体感します。帰国後レポートにまとめ報告会を開催します。

経済・経営・会計ファイナンスをバランスよく学習

経済学と経営学を融合した3つの分野から構成。2年次は専門科目である3分野の基礎を学び、3年次からは、将来の進路を想定し3つのコースからいずれかを選択します。

海外フィールドスタディや海外インターンシップなど多彩な異文化経験プログラム

自ら考え、調査研究を経て自分なりの結論を導き出すことのできる人材育成のために、海外で学ぶ多くのプログラムを用意。また、海外インターンシップでは、知識を活かし実践することで、グローバルな職業観を培います。

各国大使館スタッフによる異国情緒あふれる講義

港区には数多くの大使館があります。その地の利を活かした講義です。2015年度にはトルコ大使館による講義が行われました。

飛び入学制度で5年間で大学院修士課程修了が可能

4年間の流れ

カリキュラム

※1 BCR(Business Communication & Research)
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2017年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

English for Business Communication

ビジネスの現場で必要な英会話スキルを身につける

「聞く、読む、話す、書く」4つの英語スキルを、ビジネスの場に焦点をあてて学習。すべて英語での講義で、より実践的なコミュニケーションを身につけます。

海外フィールドスタディ

現地で学習や調査を行い研究成果を発表

フィールドワークを実践する科目です。現場で調査、活動することで、幅広い国際性を身につけ、かつ世界経済や企業経営の実態を理解します。

コーポレート・ファイナンス

企業金融、企業財務について基礎理論を習得する

金融・資本市場の機能と金利について、また金融・資本市場の機能とリスクについて実例を挙げながら基礎理論を解説。コーポレート・ファイナンスを理解します。

国際経営学特講

社会の最前線で活躍する専門家から学ぶ

企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)について、毎回それぞれの領域での専門家・実務家が具体例を提示しながら、現代のCSRの重要課題を解説します。

主な卒業論文テーマ

  • BOPビジネスと貧困問題
  • ネットオークションの戦略
  • 開発途上国の経済発展における日本の役割
  • 老舗企業のリスクマネジメント
  • 世界のトイレ事情とその歴史
  • 資金調達面から考えるIFRSの是非
  • M&A会計と企業買収
  • グローバルブランドへの進化をとげるユニクロについての研究
  • 海外企業M&Aの展望

私の学び


荻原 麻美 (OGIWARA,Mami)
国際経営学科4年次
群馬県 高崎経済大学附属高等学校出身

プレゼンの機会に恵まれ考えを的確に伝えられるように

国際的な視点から経済を学び、視野を広げたいとの思いから国際経営学科を選びました。本学科ではプレゼンテーションの機会が多く、入学前の事前研修でも課題が与えられます。上級生のメンターによるフォローもあり、情報を集めて資料を作り、説明するという演習の基礎を学ぶことができました。1年次には、オーストラリアでの国際研修プログラムに参加。研修先で行われたプレゼンテーションの授業で、現地の学生が笑顔で身振り手振りを交えて話す姿を見て、人を引きつける話し方を意識するようになりました。4 年間、何度も発表の場を与えられたことで、自分の考えを分かりやすく伝える力が身についたと思います。1、2年次で経済の基礎知識を学び、3 年次には会計学のゼミを専攻。日本だけでなく海外の会計基準や海外企業を分析する手法などを学ぶ中で、物事を多角的に見る目を養えました。卒業後は銀行に勤務するので、お客様に会計知識を活かした資産運用やライフプランの提案をしていきたいと思います。


荻原さんのメッセージを動画でCHECK!

履修モデル(2年次春学期)

卒業後の進路

国際経営の感覚を持ったグローバル・マネジャー育成の教育を受けてきた卒業生は、多様な業種、さまざまな職種で活躍しています。金融・保険に進む比率が高い一方で、旅行・運輸・物流、商社・流通、そしてファッション、エレクトロニクスなどの業種にも就職しています。主な就職先は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、日本生命保険、大和証券グループ本社、全日本空輸などです。近年ではグローバル企業においても、本学科の学びを活かし高い能力を発揮しています。

主な就職先(2014~2016年度)

みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/三菱東京UFJ銀行/ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング/クレディセゾン/オリエントコーポレーション/全日本空輸/JTBグループ/東日本旅客鉄道/鈴与/日本通運/NTTデータMSE/アマゾンジャパン/ソフトバンク/楽天/LIXIL/清水建設/大和ハウス工業/スズキ/ノバルティスファーマ/ミネベア/住商機電貿易/全日空商事/大塚製薬/日本航空電子工業/テイクアンドギヴ・ニーズ/パソナ/ビームス/テレビ山梨/博報堂/サントリーホールディングス/ユニ・チャーム/兼松/双日/船井総研ホールディングス/西村あさひ法律事務所/駐日モルディブ共和国大使館 /警視庁/財務省 東京税関
2017年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。

経済学部紹介ビデオ