スマートフォン版を表示

政治学科

法律学科 | 消費情報環境法学科 | 政治学科

政治とは、社会に発生する問題を解決するために、その構成メンバーが共同で意思決定をして実行するプロセスです。政治的問題を扱うためには、科学的なアプローチ、歴史の理解、哲学や思想に基づく構想力が求められます。政治学科では、総合的な判断力と批判力、勇気と他者への想像力を持ってこのような問題に取り組める “ 教養ある政治的市民”を育成します。

政治学科の特徴

地球規模での平和・安全保障の問題や環境問題、国家における政策の問題、さらには住民福祉といった地域が抱える問題まで、多様な問題を分析 し考える力を養成します。

就職・進路を見据え3分野の科目を配置

1年次に政治学の基礎となる科目を履修した上で、公共政策や地方政治がテーマの「ガヴァナンス」、国際関係・外交がテーマの「国際政治」、計量政治・マスコミがテーマの「メディア・ポリティクス」の3分野を発展的かつ系統的に学びます。

興味ある科目と向き合える自由度の高いカリキュラム

政治学科では、必修科目は「政治学基礎演習」と「政治学原論」の2つのみ。それぞれの学生の進路に合った自由度の高いカリキュラムを編成しています。

公務員試験に備えたセミナーを実施

法学部では、キャリア支援プロジェクトの一環として、「公務員セミナー」を開講。公務員を目指す3年次生向けを中心に、講座を提供しています。

1年かけて調査・研究する徹底したフィールドワーク

自身の興味あるテーマで、国会議員事務所や行政の場、新聞社などへ取材を申し込み、インタビューなどのフィールドワークを行って実態に向き合い、1万字以上におよぶ研究報告書を書き上げます。

現役新聞記者による講座でメディアを理解する

総合講座では、読売新聞東京本社の協力を得て、さまざまな分野の記者によるリレー講座を開講。メディアリテラシーの向上と幅広い知識の修得を目指します。「時事英語」「読売キャリア形成講座」など実践力となる科目も配置しています。

4年間の流れ

カリキュラム

※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2017年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

国際政治学

国際政治学の二大理論リアリズムとリベラリズムを学び過去の国際紛争と今後を考察

「なぜ戦争が起きるのか、どうしたら平和を維持できるのか」という国際政治学の中心的な課題である安全保障の問題を取り上げ、国際政治を理解するために必要となる基本的なものの考え方を学習します。さらに、世界大戦や冷戦といった過去に起きた国際紛争の歴史にも触れ、自分の立場を明確に持ちつつ、立場の異なる他者と冷静に議論できる力を身につけます。

日本政治論

現代日本政治を素材に政策決定過程論の基礎を学ぶ

政党、選挙制度、政策決定過程など現代日本政治について、対話型の講義で理解を深めるとともに、政治学的な思考力と良き市民としての教養を身につけます。

行政学

行政学の基礎を学び教養ある政治的市民となる

行政サービス決定のプロセス、提供の仕組み、評価とその責任など、行政学の基礎知識を学習し、教養ある政治的市民としての政治学的、行政学的思考を育みます。

アメリカ政治論

米国の過去と現在の変容を政治学の観点から考察

格差から不法移民、新世代の台頭など多様な課題をもつ現在のアメリカ。そのアメリカの過去から現在までの変容を、比較政治学と国際関係論の視点で考えます。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 現代日本の政治過程に関する実証分析
  • 子育てに関わる地域支援活動の調査研究
  • 国際政治思想について学ぶ
  • メディアと政治:メディアポリティクスの課題
  • 国際政治学の新領域:地域統合とグローバル化
  • 比較国家論と比較文明論
  • 福祉・環境など生活関連分野の公共政策研究
  • アジア政治の比較研究
  • TPPの政治経済学

私の学び

在学生
  • Kenji Sekine 関根健治さん 法学部 政治学科 3年

学際的に学べる政治学科で実践力・応用力を身につける

UPDATE : 2017.06.01

関根さんのメッセージを動画でCHECK!

卒業後の進路

専門的な知識を活かし、国家公務員や地方公務員、外交官となる卒業生のほか、新しい公共性の担い手とされる民間非営利団体(NPO)や国際的に活動する非政府組織(NGO)を目指す人もいます。また多くの有名企業に就職し、良き企業人として、そして「教養ある政治的市民」として活躍している人もいます。その業種は金融、証券、運輸、流通、通信、マスコミ、サービスなど、多種多様です。近年は政治学科のカリキュラムを反映して、マスコミ、公務員、教育、コンサルタント、非営利団体へ進む割合が増加しています。

主な就職先(2014~2016年度)

みずほフィナンシャルグループ /三井住友銀行 /三菱東京UFJ銀行 /りそなホールディングス /横浜市役所 /警視庁 /神奈川県警察本部 /防衛省 /横浜地方検察庁 /東京消防庁 /東京国税局 /楽天 /ソフトバンクグループ /東日本電信電話 /積水ハウス /小田急不動産 /大成建設 /マクニカ /ぺんてる /今治造船 /大塚製薬 /武田薬品工業 /日本貸金業協会 /社会保険診療報酬支払基金 /パソナグループ /アサツーディ・ケイ /日刊自動車新聞社 /信濃毎日新聞 /静岡放送 /凸版印刷 /東日本旅客鉄道 /JTBグループ /全日本空輸 /東京地下鉄 /日本航空 /三越伊勢丹 /サントリー食品インターナショナル /ヱスビー食品 /日本赤十字社 /IMSグループ
2017年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。