フランス文学科

英文学科 | フランス文学科 | 芸術学科

約30カ国もの国々で公用語として使用されるフランス語。〈日本〉でも〈アメリカ〉でもない〈フランス語圏〉という地域の文化・芸術の歴史や、それを支える感覚の在り方を、語学と共に学びます。文学や思想をめぐる豊かで鋭い言葉、美術や映画の斬新なイメージと出合い、みずみずしい感性で個々の創造力の扉が開かれることを期待します。

フランス文学科の特徴

フランス語を学び、フランスの文化や歴史を考察することは、何よりもまず、目の前に新しい世界が広がることを意味しています。初めて触れる言語、憧れていた文化への扉を開いてみませんか。

1、2年次は週4~5回フランス語の授業を実施

フランス文学科のほとんどの新入生は、入学して初めてフランス語に触れます。フランス語は難しいと思われがちですが、皆同じスタートラインに立ち基礎からゆっくりと学習できるカリキュラムだから大丈夫。文学や芸術、思想などへの興味が上達を後押しします。

フランス人教員による授業で耳から覚える

1年次のフランス語の学習は、文法、会話、テキストの講読から始まります。まずは、ネイティブの教員による授業で発音に耳が慣れることが大切です。

検定対策や留学用など多様なフランス語科目が充実

語学力をさらに向上させたい人のために、各種検定試験に向けた対策科目や留学準備のための科目、仏文のニュース記事を精読する科目などを提供。豊富な種類のフランス語科目を履修することが可能です。

さまざまな領域を横断的に学修

フランス文学科では、文学作品の楽しみ方を探りながら、同時にアートや音楽、映画、思想や歴史、社会問題やモードなど、さまざまな観点からフランス文化の過去と現在を考察し、ユニークな発想と表現を培います。

3年次より専門科目やゼミでより深く学びに取り組む

3年次からは、3系統の科目群を指針に、自身の興味ある分野への学びが始まります。また、少人数によるゼミでは、独自のテーマを見いだし卒業論文に取り組みます。

講演会や芸術鑑賞などで本物のフランス文化に触れる

学科では、映画の上映や、日本に住むフランス語圏の音楽家による演奏会、フランス人研究者による講演会、ワインの講習会など、さまざまな特別授業やイベントを通して、フランス文化に直に触れる機会を提供しています。

短期・中期・長期。多彩な留学プランを用意

4年の間に一度は、留学体験をしてみたい。そうした学生の意欲を、フランス文学科では積極的にサポートしています。1ヶ月、半年、1年の期間で、パリやディジョンの語学学校、エクス政治学院やレンヌ大学への留学制度を制定。単位認定制度により、卒業を遅らせることなく異文化を体験することが可能です。

4年間の流れ

カリキュラム

・「Exercices Pratiques」や「仏会話」は、全てフランス人教員による授業です。
・3年次演習(ゼミ)は、同時に2つのゼミに所属することができます。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2016年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

主な科目紹介

フランス学概説

フランスおよびフランス語圏の文化を、絵画、映画、文学、思想といったさまざまな視点から学び、フランス文化の基礎的な知見を広げていきます。

Exercices Pratiques 1

フランス人教師によるフランス語会話入門の授業。段階を追って、話せるフランス語への道筋をつけていきます。

仏会話1

グループによるフランス語会話の実践を行います。最終的には、日常の簡単な状況における読み書き、特に話す能力を身につけることが目標となります。

フランス語の諸相

フランス語史、フランス語圏諸国間のつながり、フランスの方言・地方言語などのテーマを掲げ、さまざまな角度からフランス語・文化への理解を深めます。

現代翻訳論

言語哲学、言語学、記号論、精神分析など、さまざまな分野に言及しながら、文学作品での翻訳をめぐる諸問題を取り上げ、フィクションを論じる方法を考えます。

歴史記述論

フランス社会史とは何かを学びます。授業時には、社会史の方法論について参加者と議論を行います。

現代芸術

シュルレアリズムを中心に20世紀フランスの文学・美術を研究し、小説や絵画のみならず、科学や技術が可能とする新しい知覚について考えます。

卒業論文タイトル

  • アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ 大地への飛翔
  • フランス語と英語の歴史的比較研究
  • 自己の身体に関する記述—メルロ=ポンティ研究—
  • ルネ・マルグリット—現実を変える絵画—
  • パリのアメリカ人ジャズ・ミュージシャン、バド・パウエルの五年間
  • ヌーヴェルヴァーグの出発点とその成功—フランソワ・トリュフォー研究—
  • 『タンタンの冒険』から見る冒険の役割
  • フランス2大アニメーションの比較—『王と鳥』と『ベルヴィル・ランデヴ』—
  • 現代フランスにおけるカップル事情(子供の視点から)
  • 髪型から見る近代フランス女性たち

私の学び


牛久保 玲 (USHIKUBO, Rei)
フランス文学科4年次
東京都 晃華学園高等学校出身

知るほどに面白い“フランス”

高校時代にココ・シャネルの伝記映画を観て、強い女性の生きざまに感銘を受けました。その舞台となったフランスに興味を持ちフランス文学科へ入学。ほとんどの学生が大学に入って初めてフランス語に触れるため、授業は基礎の基礎から学べるようになっています。語学面はもちろん、文化、歴史など学びが広がるにつれ“フランス”の魅力に夢中になっていきました。

広い視野を得た1年間の協定留学

3年次の8月からは、フランスのエクス政治学院に1年間留学しました。留学先では、フランス語の授業はもちろん、現地の学生に交じってEUの歴史やワインについて学修。また、現地で親しくなった留学生と共に、水の街として知られるエクス・アン・プロバンスにある100個の噴水についてブログを立ち上げ、それを本にまとめる活動にも取り組みました。

リノベーションの文化を日本に

フランスでは古い住宅のリノベーションが盛んです。不動産業界に入社が決まった現在、日本でも脚光を浴びるリノベーションをはじめ、これまで経験してきたことを活かしてお客さまの力になりたいと考えています。

履修モデル(2年次秋学期)

卒業後の進路

編集、出版、広告、印刷以外にも、翻訳や情報処理、あるいは航空会社やファッション業界へ進んでいます。その他、中学・高校の教員になる人、大学院に進学して研究を続ける人、また、フリーライターや漫画家、ダンサー、フランスに留学してパティシエになった人など、フランス文学科の自由な雰囲気を反映して、卒業生の進路も多彩です。

主な就職先(2013~2015年度)

ポーラ/ユナイテッドアローズ/大正製薬/オンワード樫山/かんぽ生命保険/ジェーシービー/みずほフィナンシャルグループ/ゆうちょ銀行/三井住友銀行/三菱東京UFJ銀行/千葉銀行/あいおいニッセイ同和損害保険/オリックス/横浜信用金庫/岡三証券/川崎信用金庫/損害保険ジャパン日本興亜/大和証券/第一生命保険/明治安田生命保険/AIRDO/JALスカイ/エイチ・アイ・エス/日本航空/ヤマト運輸/全日本空輸/東日本旅客鉄道/日本トランスオーシャン航空/日本航空/日本郵便/住友不動産販売/博報堂プロダクツ/静岡朝日テレビ/マンダリン・オリエンタル東京/シャープ/リコージャパン/ソフトバンクグループ/楽天/ロッテ/兼松
2016年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。