文学部: 人材養成上の目的・教育目標と3つのポリシー

明治学院大学では教育目標を実現するため、学部・学科の人材養成上の目的・教育目標と以下の3つの方針(ポリシー)を定め人材育成に取り組んでいます。

学位授与の方針 (ディプロマポリシー)
卒業認定・学位授与に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき 知識・能力・行動等を示している。

教育課程編成の方針 (カリキュラムポリシー)
教育の実施に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を育成するための学修段階に応じた教育計画、指導の方針等を示している。

入学者受け入れの方針 (アドミッションポリシー)
入学者の受入れに関する基本方針であり、教育上の理念・方針に沿って、受験生 に求める能力・意欲・経験・適性等や選抜方法を示している。

英文学科

人材養成上の目的・教育目標

英文学科の教育目標は一つには、英語による文学・諸芸術の経験を通じて、人間性への洞察と英語圏諸文化への理解を深めることである。また、英語という言語を様々な側面から科学的に研究することにより、人間の相互交流に不可欠なことばの本質・機能について理解を深めることも、重要な目標である。

さらに、それらの理解と連動して、実践的な英語コミュニケーション能力をみがくことを目指す。現代の国際語といえる英語を身につけ、言語一般に関する科学的知見を獲得し、英語圏の文学・文化に広く触れる努力をするが、それは、人々と触れ合い、ともに生きること、自己と他者への深い理解と洞察を学ぶことの一環である。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

国際語とも言える英語を駆使する能力を身につけ、英米の文学や言葉や、その背景を為す文化を探求し、さらには英語を言語学的に研究することを通じて、人間や言語や異なる文化のあり方に対する深い理解と洞察力を獲得している。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

国際語としての英語の総合能力を習得させるために、1年次にReading, Writing, Listening &Pronunciation、2年次にはそれらの上級科目が、さらには3年次にはAcademic English Skillsを必修として設け、基礎から最上級レベルまで、それぞれの語学習得の分野を関連づけて教授する。英米の文学、そして英語学に関しては、1、2年次にそれぞれ3分野の入門と概論の導入科目を、3、4年次にはTopics in British Culture、Topics in American Culture、Topics in Linguisticsと各種演習(ゼミ)を選択必修として設ける。これらの専門科目は、Academic English SkillsあるいはAdvanced Academic Writingなどの英語発展科目や多彩な各分野の選択専門科目と連携しながら、最終的には、人間や言語や異なる文化のあり方に対して学生が獲得した理解と洞察力の成果の一端として、ゼミ論や卒論の執筆へと導くことになる。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

英語を情熱をもって学び、英語圏の文化や文学作品、あるいは言語についての探求を通じて自らを養い深めるだけではなく、自らの様々な殻を破り、外の世界へとこころを広げようとする学生、またそのための地道な努力をいとわない学生を求めている。

そのために自己推薦のAO入試、とりわけ同入試の(B)制度を重視し、(A)制度が比較的英語能力の高い受験生を優先するのに対し、(B)では面接と同時に英語でのエッセイ執筆を課し、受験生の大学での勉学に対する意欲と態度を評価している。

フランス文学科

人材養成上の目的・教育目標

フランス文学科は、フランスの言語および文学・芸術・歴史・思想の研究を通じて、斬新な視点をもった、創造性あふれる人材を育成しようとする。刺激的な発想や感覚や知識の宝庫であるフランス文化のさまざまな側面に触れさせながら、感性と思考の力を養い、自らの着想を他の人々に確かに伝える表現力を鍛えてゆく。同時に、フランスを基点にしてヨーロッパの全域へ、またアフリカ・南北アメリカなどの多様なフランス語圏へと視野をひろげながら、真に豊かな文明のありようを追求する。こうして、ともすれば画一化されがちな日本社会に向けて、ユニークな発想を求めて提言できる、貴重な人材を送り出してゆきたい。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

学生はフランス語の基礎を習得したのち、読み、書き、話すための実践的な運用能力を身につける。専門教育科目においてはフランス語の特性の理解に基づき、フランス語圏の言語・文化・文学・芸術・歴史・思想について、より個別的で広汎な知識を身につけ、咀嚼し、自らの思考を深め、相対化できるようになる。3年次・4年次演習(ゼミ)では具体的なテクストや芸術作品をもとに討議することにより、自らの見解を述べ、他人の意見に耳を傾け、反応を返すといった経験を通じてコミュニケーション能力を身につけることができる。学業の総仕上げとなる卒業論文の作成においては、指導教官の指導のもとに特定のテーマについて資料を探索・収集し、文献を読み、立論に必要かつ有効な情報を選び出し、組み入れ、論理的、説得的に自らの見解を述べることが要求される。口頭審査を経て、着想の独自性、資料の分析力、論理的思考、表現力を総合的に評価して学位を授与する。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

フランス文学科では1年次・2年次に重点的にフランス語の基礎を習得させるため、クラス制の文法・講読・会話・作文の授業(必修)を配置する。会話の授業にはネイティブの教員が携わり、生きたフランス語を実践的に学べるようにする。語学学習の到達度をはかれるよう、実用フランス語技能検定試験(仏検)対策の授業も選択でき、同時に専門教育への準備段階として基礎科目(一部選択授業)を設け、フランス語圏の文化、社会についての導入的な授業を、講義・講読・演習の形式で行う。3年次からはそうした一連の授業で培われた個別的な関心をより深められるよう、さまざまな時代や地域、分野を専門とする教員による、多彩な専門教育科目を配置する。これらは大きく分けて「ことばと文学」「思想と社会」「芸術と文化」の3つの系列に分類される。同時にネイティブの教員を中心とした中級フランス語の授業を設け、基礎的な文法事項の確認をしたうえで、新聞・雑誌・インターネットなどの生きた教材も使用しながら、会話、作文、要約などの訓練をくりかえし行い、読む・聞く・話すの実践的な能力を鍛えていく。仏検対策の授業も、さらにはDELF(フランス国民教育者が認定した公式フランス語資格)対策も設置する。そしてフランス文学科の教育の最大の特色といえるのが3年次、4年次にわたって設置する必修、小人数制の演習(ゼミ)である。3年次演習では討議を通じて自らの見解を確実に相手に伝え、他人の多様な意見を尊重する術を身につける。4年次演習では担当者の指導のもとに関心分野をしぼりこみ、卒業論文のテーマを決定する。指導は資料探索、プランの作成、執筆のすべての段階にわたり、学生はゼミでの発表や指導教官との面接を通して、執筆可能なテーマを見極め、自らの着想を単なる思いつきに終わらせず、論理的、説得的に組み立てる術を学ぶ。フランス文学科ではこのように基礎から専門へと、学生の関心を段階的、継続的に引き出し、その深化を促す、一貫した積み上げ方式のカリキュラムを編成する。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

フランス語圏の言語、文学、歴史、芸術、思想を窓口として、広くヨーロッパの文化を学びたいという意欲をもつ学生を受け入れる。常識にとらわれず、自国の文化とも英語圏の文化とも異なる、多様で刺激に満ちた文化のありように心を開くことのできる人材を募るため、一般の筆記試験による選抜のほか、自己推薦AO入試を実施して、独創的な発想と感覚をもった学生を選抜する。さらに指定校推薦入試を実施し、さまざまなバックグラウンドをもつ者を求めている。自己推薦AO入試についてはフランス語既習者枠を設け、すでにフランス語の基礎を習得し、さらにその知識と理解を深めたいという意欲のある者に門戸を開く。

芸術学科

人材養成上の目的・教育目標

芸術学科は音楽学系列、美術史学系列、映像芸術学系列、芸術メディア系列、総合芸術学系列という五つの系列で構成されているが、その教育目標は、第一に、学生それぞれの芸術に対する興味の芽生えを大切に育てることである。そして、芸術に関する理論、歴史、それにまつわるコミュニケーションのあり方などを幅広く、かつ深く学べる知的環境を整え、学生が考える力・見る力・聴く力・味わう力を身につけるように指導する。

そのために、入門から専門的知識を段階的に学ぶことを縦軸とし、あわせて領域横断的な学際的学習を横軸として、その両軸からの学習を可能にするような創意と工夫に満ちたカリキュラムを用意する。そのなかで、各自の系列に関する専門的な知識のみならず、幅広く知的好奇心を刺激する多彩な講義科目を提供することも芸術学科の重要な教育目標である。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

芸術学科の学生は、4年間の教育を通し、自らの専攻の系列に関する専門的な知識のみならず、幅広く知的好奇心を持ち、様々な対象に関して自ら感じ、考え、理解する力を身につける。また、加えて、卒業時には、伝統としての「芸術」を維持するのみならず、人間の表現行為としての芸術を社会や文化との関係のなかで専門的に、かつ教養的にとらえるという柔軟な知性と感性を有し、社会のなかでの芸術の在り方について深く分析し、理解する力を持つ。芸術学科で学んだ知識やさまざまなコミュニケーション・スキルは、卒業後の仕事や社会生活のなかでも役立つものであり、芸術に対する自主的かつ積極的な姿勢を身につけることは、価値の多様性を理解する豊かな人間形成という大学の教育理念とも密接につながるものである。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

ディプロマポリシーに基づき、初歩から段階を追って学習を深められるように組まれた体系的な専門教育を実践する。さらに、研究を目的とした専門教育と、芸術一般にわたる教養を身につけることを目的とした教養教育という2つの領域をカバーする授業を提供し、幅広い知識と歴史、専門的な理論、そして芸術の伝統と革新など、多様な角度から芸術を学べるようにする。各年次のカリキュラムは以下のように編成する。

まず、1年次には、幅広く入門的な講義を履修し、その講義から、学生各自が自主的に系列を選択できるよう科目を配置する。自らの専攻が決定した2年次以降は、専門的な科目の履修が増え、演習や講読の授業において、少人数で文献を丹念に読んだり、テーマを決めて学生が発表するようなゼミナール形式の講義を多数開講する。3年次では、さらに専門的知識を学ぶ講義、系列ごとに「研究」や「演習」科目をはじめとして、さまざまなトピックを専門的に扱う「特講」などの授業で専門知識を修得できるようにする。4年次では、音楽学系列、美術史学系列、映像芸術学系列、芸術メディア系列の専門4系列の場合、卒業論文が必須となり、それぞれの指導教員と密接なコミュニケーションをもって卒業論文にとりくめるようにする。一方、総合芸術学系列の場合は、卒業論文、卒論ゼミナールの代わりに教養分野を幅広く充実させるために、総合芸術学系列および専門4系列から授業を履修して卒業要件を満たすようにする。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

実技者を養成することを目的とせず、芸術への好奇心や関心の芽生えを大切に育むという基本方針に基づき、一般入学試験に重点を置きつつ、多様な適性と能力を持った学生に広く門戸をひらく選抜方法をとっている。学生の潜在能力を引きだし、芸術への新たな視野を提供する学科として、自己推薦AO入学試験をふくむ多様な入学試験科目を維持することは重要である。

また、芸術を通じて、広く人間の考える力・見る力・聴く力・味わう力を高め、社会と文化に対する知的好奇心と批評的視野を養い、育ててゆくという教育目標を実現するために、芸術学科では、入学前の段階で得ている知識や技能を過大評価することなく、学科教育において、1年次から丁寧に指導してゆくようにつくられたカリキュラムの編成をしている。そのようなカリキュラムが最大限に生かされるのも、一般入学試験を中心とした多様な選抜方式によって多様な個性を持つ学生が入学し、新たな環境のもとで「芸術」を学ぶ場を共有すればこそである。

特別入学試験においては、自主性や向学心の有無などのほかに、学生の可能性や潜在能力に注目し、面接と小論文を重視する姿勢をとる。

教職課程

人材養成上の目的・教育目標

明治学院大学は,建学の精神であるキリスト教教育を,"Do for Others"という教育理念を通じて実現しようとしている。教職課程の教育目標は,正にその「他者への貢献」を担える人材の育成を目標とする。  "Do for Others"とは多様なこどもたちとかかわることの中にある。教室の隅っこで佇んでいる子どもに目を配り,大きな愛情を注ぐことのできる教員の育成を目指す。勿論,それは他の多くの子どもも視野に入れてのことである。 一人ひとりが等しくかけがえのない存在として,生き生きとした表情で過ごすことのできるように,学習指導・生活指導・学級経営(学校経営),それぞれの側面で教員としての資質と知力と技能を磨くことを目指す。