社会学部

社会学科 | 社会福祉学科

Faculty introduction

ますます多様化する現代社会の未来を展望し、拓くための力を養成

2015 年に創設50 年を迎えた社会学部は、全国でも数少ない社会学科と社会福祉学科の2 学科体制をとっています。人類の存在を危うくしかねない多様な矛盾が顕在し、悲劇の連鎖が止まらない現代社会。そこに共通して横たわる問題の核心について、両学科が各々のテリトリーから、あるいは学科横断的に読み解く「鍵」を求めて教育と実践と研究を続けています。その成果を最新のカリキュラムを通じて、豊かな見識を持つ気鋭の教授陣が魅力的な授業を提供してきました。全国から集われた志を同じくする友と交わり、教授を囲みながら大学で学ぶ者として自由で批判的な知性を育む時間を社会学部で過ごしてください。

社会学部長 北川 清一

人材養成上の目的・教育目標

社会学部は、大学の教育理念を受け、設立以来「社会改良の礎石となるべき人材の育成」を追求してきた。現代社会には、「他者」を広く認識し、「他者」が生きる現実から学ぶことで醸成される柔軟かつ多様な視点、問題を深く捉える思考力、そして、社会に新しい可能性を生み出す構想力あるいは実践力をもつ人材が求められる。したがって、社会学部は、「他者」と「自己」への深い洞察力と寛容の学びを通して、人格と個性を尊重し支え合う社会の形成に貢献し、意欲的に実践する人材を育成する。そのために、多様な葛藤を理解し、課題として追究し、それを表現する力を培い、あわせて、優れた人権感覚と豊かな感性をはぐくむことを教育目標とする。
(学則第5条)

学科の人材養成上の目的・教育目標

社会学科 | 社会福祉学科

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会学部は、社会学と社会福祉学が対象とする多様な分野の学問研究に基づいて構成された、社会学科・社会福祉学科それぞれのカリキュラムと教員組織を有している。これによって4年間学生を教育し、社会に積極的に貢献できる能力を身につけていると認めたものに学位を授与する

学科の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会学科 | 社会福祉学科

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)とは
卒業認定・学位授与に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を示している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

社会学部では、各領域における専門的知識、および思考し実践する能力・態度を養うことを基本方針としているが、カリキュラムと教育内容は両学科で異なるので、それぞれの学科でカリキュラム・ポリシーを定める。

学科の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

社会学科 | 社会福祉学科

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)とは
教育の実施に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を育成するための学修段階に応じた教育計画、指導の方針等を示している。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会学部では、教育目標と教育上の方針を実現するため、多様な能力や社会現象・社会問題への関心を持った学生を求めている。さまざまな経験を持った学生が共に学ぶことが、他者との出会い、社会への理解にとって重要だと考えているため、従来から高校新卒者だけではなく、広く現場を知る社会人や海外からの留学生を受け入れる。

学科の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会学科 | 社会福祉学科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)とは
入学者の受入れに関する基本方針であり、教育上の理念・方針に沿って、受験生に求める能力・意欲・経験・適性等や選抜方法を示している。