社会学科

社会学科 | 社会福祉学科

私たちの暮らす社会は、さまざまなからくりでできています。どのようなからくりで動いているのかを見えるようにする道具箱、それが社会学です。明治学院大学社会学科では、少人数教育を活かした顔の見えるカリキュラムを通して、柔軟な思考力と創造的な発想力を伸ばしていきます。第一線で活躍する教授陣が、学生一人ひとりの問題追究の営みを見守っていきます。

Sociology

社会学科の特徴

社会学は、私たちが暮らす社会の中での、人と人、集団と集団のつながりや、ルール、メディアの在り方など、さまざまなものごとにいろいろな角度から光をあて観察することから始まります。人や社会の動きを理解することで、将来あらゆる場面での活躍が可能になります。

少人数で行う顔の見える演習で生きた社会学を学ぶ

入学前から始まる4年間切れ目ない少人数の演習科目を通して、読む・聴く・調べる・書く力を身につけます。例えば社会学基礎演習では、ビブリオバトル・統計にだまされない・雑誌のジェンダー文化を読み解く・文章を批判的に読むなどのワークで学んだ知識を試しながら、1年次からつかえる社会学を身につけます。

3つのコースで関心あるテーマを探求

1年次に社会学の基礎を学んだ後、2年次からは3つのコースから1つを選択して重点的に学びます。他コースの科目も履修できるので、興味の赴くままに視野を広げながら専門性を絞り込んでいくことができます。

  • 文化とメディアコース
    他者および自文化の理解を目指し、情報が産み出され伝達される過程を探求する。
  • 生命とアイデンティティコース
    〈生命〉と〈アイデンティティ〉をキーワードに、医療をはじめ高度な科学技術を基盤に成立した現代社会の本質を解き明かしてゆく。
  • 環境とコミュニティコース
    きめ細かな他者理解を通じて、新たな〈コミュニティ〉の創造につながる〈実践力〉を養う。

フィールドワーク主義。現場で調査の技と心を磨く

社会学の醍醐味は、実際の現場に出て「問題」を感じ、観察したり質問をしたりしながら学んだ知識を応用することにあります。社会調査関連科目では、段階を追って社会調査の知識はもとより技と心を身につけます。最後は1年間の社会調査実習で各自のテーマに基づきフィールドワークを実践し、複雑にからみあっている現実を読み解いて報告書を作成します。

現場で活躍するプロから学び自身で創造する「表現法演習」

授業の中には、ユニークなものも。表現法演習では、専任の教員に加えて放送や出版に携わる外部講師から、映像・文章などの表現を学びます。自分たちの手で作品を作ることにより、理解が深まります。

学年を越えた学びの場で、広く、深く探究する

社会学科では、さまざまな機会に先輩の話を聞いたりするなど、学年を越えた交流が盛んです。「専門書講読」では学年に関係なく集まった学生が一緒に学びます。「社会学のための日本語」は留学生が学年を越えて履修します。また、「学内学会研究発表会」では3・4年次生や大学院生が発表を行っています。

社会調査士資格、教員免許などの資格取得を目指す

社会学科では、毎年多くの学生がマーケティングや世論調査などの仕事に役立つ「社会調査士」資格を取得しています。また、教職課程を履修することで、中学 (社会)、高校 (地歴、公民)の教員免許を取得できます。

4年間の流れ

カリキュラム

※1 「専門書講読」「専門書講読(外)」は、それぞれ複数クラスが開講され、2年次生から4年次生までが同じ教室で学ぶゼミ形式の少人数科目です。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2016年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※開講科目は上記以外にもあります。詳細はシラバスまたは本学Webサイトでご確認ください。
※社会調査士資格・社会教育主事任用資格の取得に関しては入学時に説明会を開催します。

主な科目紹介

アカデミックリテラシー

10数人のクラスで、文献読解、資料探索、レポート執筆、フィールド調査、プレゼンテーション、討論など、社会学部で学ぶ基礎となるトレーニングを行います。

コース演習

少人数クラスで、コースごとに書かれた専門論文をテキストに発表や議論を重ね、現代社会の課題をより深く理解し、諸問題に対処する方策を探ります。

社会調査実習

少人数のクラスが複数開講されます。選択したクラスのテーマに沿って、現実の社会に出て実際に調査をおこない、社会調査の全プロセスを体験して習得します。

社会学特講

社会で実践的に活動・研究している人から学ぶ講義で、複数開講されます。その一つ「災害と社会」では、学内外の多数の講師が東日本大震災の諸側面を語ります。

社会学基礎演習

少人数でグループワークを繰り返し、社会学についてより深く学習します。社会学の概念を理解しながらそれを応用し、社会学を「つかう」授業です。

表現法演習

少人数クラスが複数開講されます。評論、編集、映像作成などクラスごとのテーマに沿って、実際に作品をつくりながら、表現の特性と理論を学びます。

演習1(3年次ゼミ)

各教員の幅広い専門分野の中から選択します。共通の関心をもつ仲間とともに年間、議論や発表を繰り返しながら、それぞれの研究を深めます。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 浅川ゼミ:被災地復興支援活動と社会学
  • 稲葉ゼミ:社会倫理学・公共哲学
  • 石原(俊)ゼミ:広義の「日本」をめぐる歴史社会学
  • 石原(英)ゼミ:後期近代の価値観とコミュニケーション
  • 岩永ゼミ:グローバリゼーションと多文化共生のまちづくり
  • 加藤ゼミ:<身体>としての女性/男性:セクシュアリティ、生殖
  • 鬼頭ゼミ:対人関係の社会心理学
  • 坂口ゼミ:なぜ、今、コミュニティか
  • 佐藤ゼミ:メディア史から読む現代のしくみ
  • 澤野ゼミ:犯罪者とは何者なのか?
  • 柘植ゼミ:人の一生と医療と社会
  • 野沢ゼミ:現代の家族・ネットワークと社会制度・社会政策
  • 半澤ゼミ:文化と経済の関係を考える
  • 藤川ゼミ:環境と地域社会
  • 元森ゼミ:2000年代以降の現代社会史を書く
  • 水谷ゼミ:職業・労働と社会階層
  • 渡辺ゼミ:現代社会と宗教

履修モデル(3年次春学期)

卒業後の進路

就職先の業種としては金融、サービス、製造など多様な一般企業、または出版、放送、通信などのマスメディア、そして公務員や教員、医療・福祉関連法人など、多岐にわたります。現代は社会システムが高度に複雑化し、企業も個人も将来像を明確に描きにくくなっています。その中で卒業生は、4年間で身につけた人々の関心の動向を敏感に察知する力、その行方を展望する情報収集力、そして解決方法を提示する力を発揮しています。

主な就職先(2013~2015年度)

みずほフィナンシャルグループ/ゆうちょ銀行/三井住友銀行/三菱東京UFJ銀行/静岡銀行/あいおいニッセイ同和損害保険/横浜信用金庫/三井住友海上火災保険/三井生命保険/三菱UFJ信託銀行/損害保険ジャパン日本興亜/第一生命保険/日本生命保険/明治安田生命保険/野村證券/バンダイ/マイナビ/博報堂プロダクツ/吉本興業/四季/日本出版販売/日本放送協会/竹中工務店/積水ハウス/大和ハウス工業/花王/ユナイテッドアローズ/ワコール/エイチ・アイ・エス/JTBグループ/クラブツーリズム/全日本空輸/東日本旅客鉄道/日本航空/日本郵便/サントリーホールディングス/東洋水産/味の素/アニヴェルセル/神奈川県教育委員会
2016年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。