スマートフォン版を表示

社会学科

社会学科 | 社会福祉学科

私たちの暮らす社会は、さまざまなからくりでできています。どのようなからくりで動いているのかを見えるようにする道具箱、それが社会学です。明治学院大学社会学科では、少人数教育を活かした顔の見えるカリキュラムを通して、柔軟な思考力と創造的な発想力を伸ばしていきます。第一線で活躍する教授陣が、学生一人ひとりの問題追究の営みを見守っていきます。

Department of Sociology

社会学科の特徴

社会学は、私たちが暮らす社会の中での、人と人、集団と集団のつながりや、ルール、メディアの在り方など、さまざまなものごとにいろいろな角度から光をあて観察することから始まります。人や社会の動きを理解することで、将来あらゆる場面での活躍が可能になります。

4年間少人数制。顔の見えるクラスで生きた社会学を身につけます

入学前から始まる4年間切れ目ない少人数の演習科目を通して、読む・聴く・調べる・書く力を身につけます。例えば社会学基礎演習では、ビブリオバトル・統計にだまされない・雑誌のジェンダー文化を読み解く・文章を批判的に読むなどのワークで学んだ知識を試しながら、1年次からつかえる社会学を身につけます。

3コースから関心のあるテーマを探究[ 2年次~]

3,4年次の研究テーマを選ぶための柔軟性のあるコース選択が可能。2年次には同じ関心をもつ人たちとの議論を通し、知識と関心を深めます。

  • 文化とメディアコース
    他者および自文化の理解を目指し、情報が産み出され伝達される過程を探求する。
  • 生命とアイデンティティコース
    「生命」と「アイデンティティ」をキーワードに、医療をはじめ高度な科学技術を基盤に成立した現代社会の本質を解き明かす。
  • 環境とコミュニティコース
    きめ細かな他者理解を通じて、新たな「コミュニティ」の創造につながる「実践力」を養う。

フィールドワーク主義 現場で調査の技と心を磨く

社会学の醍醐味は、実際の現場へ赴き「問題」を感じ、観察・質問を通して、これまでに学んだ知識を応用することにあります。社会調査士関連科目では1年次から段階を追って、社会調査の技と心を身につけます。

現場で活躍するプロから学ぶ「表現法演習」

表現法演習では、専任の教員に加えて放送や出版に携わる外部講師から、映像・文章などの表現を学びます。自分たちの手で作品を作ることにより、理解が深まります。

「内なる国際化」プロジェクト

外国につながる人たちを包摂する共生社会を構想する教養教育センターと社会学部の共同プロジェクト。日本を異国として生きる人たちの文化、教育、政策などに対する理解を深め、多様な国や文化にルーツをもつ人々との豊かな関係を育む「多文化共生ファシリテーター」を育成。

社会調査士資格、教員免許の資格取得を目指す

マーケティングや世論調査などに役立つ「社会調査士」資格や、中学(社会)、高校(地歴、公民)の教員免許を取得することができます。

4年間の流れ

カリキュラム

※1 「専門書講読」「専門書講読(外)」は、それぞれ複数クラスが開講され、2 年次生から4 年次生までが同じ教室で学ぶゼミ形式の少人数科目です。
※年次は、当該科目を履修できる最低年次を表します。
※教職課程についてはこちらをご覧ください。
※ヘボン・キャリアデザイン・プログラムについてはこちらをご覧ください。
※2017年度予定カリキュラムです。実際のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。
※開講科目は上記以外にもあります。詳細はシラバスまたは本学Webサイトでご確認ください。
※社会調査士資格・社会教育主事任用資格の取得に関しては入学時に説明会を開催します。

主な科目紹介

表現法演習

放送や出版の職業人から表現の特性と手法を学ぶ

評論、コラム、脚本、編集、広報企画、ドキュメンタリー映像制作などの表現方法について、テーマごとに少人数クラスが複数開講されます。それぞれのテーマによる表現手法について学び、実際に作品をつくりながら、表現の特性と理論を習得します。

社会学基礎演習

社会学の概念を実践的に学習

少人数のグループワークにより、社会学についてより深く学びます。ジェンダーや在日外国人の暮らしなどの問題を調べ、分析など、社会学を「つかう」授業です。

環境社会学

被害と不安の視点から社会を考察

環境問題におけるリスクや不安がどのように認識され、また経済状況や格差などの社会的要因が問題解決にどのような影響を与えるのかを考察していきます。

社会調査実習

フィールドワークで社会の実態を検証

町おこしや過疎問題、防災とコミュニティの関係などのテーマに対し、現地へ足を運び調査を行い、調査報告書を執筆。社会調査に必要な全プロセスを経験します。

主な演習(ゼミナール)テーマ

  • 浅川ゼミ:被災地復興支援活動と社会学
  • 稲葉ゼミ:社会倫理学・公共哲学
  • 石原(俊)ゼミ:広義の「日本」をめぐる歴史社会学
  • 石原(英)ゼミ:後期近代の価値観とコミュニケーション
  • 岩永ゼミ:グローバリゼーションと多文化共生のまちづくり
  • 加藤ゼミ:<身体>としての女性/男性
  • 鬼頭ゼミ:対人関係の社会心理学
  • 坂口ゼミ:なぜ、今、コミュニティか
  • 佐藤ゼミ:メディア史から読む現代のしくみ
  • 澤野ゼミ:犯罪者とは何者なのか?
  • 柘植ゼミ:人の一生と医療と社会
  • 野沢ゼミ:現代の家族・ネットワークと社会制度・社会政策
  • 藤川ゼミ:環境と地域社会
  • 元森ゼミ:2000年代以降の現代社会史を書く
  • 渡辺ゼミ:現代社会と宗教

私の学び

在学生
  • Junichi Watanabea 渡邊淳一さん 社会学部 社会学科 4年

自分の目で見て調査する社会学は生きた学びと実感

UPDATE : 2017.06.01

渡邊さんのメッセージを動画でCHECK!

履修モデル(3年次春学期)

卒業後の進路

金融、サービス、製造など多様な一般企業、また出版、放送、通信などのマスメディア、そして公務員や教員、医療・福祉関連法人など、多岐にわたります。現代は社会システムが高度に複雑化し、企業も個人も将来像を明確に描きにくくなっています。その中で卒業生は、4 年間で身につけた人々の関心の動向を敏感に察知する力、その行方を展望する情報収集力、そして解決方法を提示する力を発揮しています。

主な就職先(2014~2016年度)

みずほフィナンシャルグループ/三井住友銀行/横浜信用金庫 /三菱東京UFJ銀行 /ゆうちょ銀行 /あいおいニッセイ同和損害保険 /損害保険ジャパン日本興亜 /バンダイ /京王エージェンシー /静岡朝日テレビ /博報堂 /四季 /日本放送協会 /ソフトバンク /富士通 /パイロットコーポレーション /京セラ /全日空商事 /武田薬品工業 /全日本空輸 /小田急電鉄 /日本航空 /竹中工務店 /TOTO /積水ハウス /インテリジェンス /スターバックスコーヒージャパン /ヤクルト本社 /ルミネ /キユーピー /レッドブル・ジャパン /伊藤ハム /三菱食品 /東洋水産 /独立行政法人国立印刷局 /有限責任あずさ監査法人 /横浜市役所 /財務省 東京税関 /品川区役所 /神奈川県厚生農業協同組合連合会
2017年3月7日現在

入学試験制度一覧

入学案内 (入試情報)にてご確認ください。