スマートフォン版を表示

学長室から

キリスト教による人格教育という創設者ヘボン以来の建学の精神を継承し、明治学院大学の教育理念“Do for Others”(他者への貢献)の実現に努め、社会に貢献します。

霄(そら)あらば霄を窮(きわ)めむ壌(つち)あらば壌(つち)にも活きむ

明治学院大学の校歌は本学院第一期卒業生である島崎藤村が作詞しています。校歌としては非常にめずらしく、一番・二番・三番という形式や校名の繰り返しというスタイルをとらず、ひとつの詩として構成されています。楽曲的にも芸術性が高い美しいメロディーで、私はこの校歌が大好きです。是非皆さんも一度聴いて、歌ってみてください。詞の内容では、特に標記の歌詞部分に感銘を受けています。霄は遙かな空の果てを意味しています。壌は、大地という意味です。二つの漢字を合わせた「霄壌」(しょうじょう)は、天地を意味しています。これは、はるかな地平を見つめるのであればそこに至り、各自が暮らす日常のなかでは着実な実践をしていこうというような意味合いであるかと思います。空の果ては、皆さんが将来目指す生き方や職業と考えて良いでしょう。大地は目指していく目標への道程と達成後の生活を意味していると考えます。本学の創設者ヘボン博士は、アメリカから日本に至り、英学教育、医療、宣教に取り組みました。しかし、その道程は決して平坦ではありませんでした。日本での活動は、当初の失敗を乗り越え、再挑戦の結果でした。来日後も、様々な苦労を経験しましたが、この体験を経て、ヘボン博士は33年にわたる日本での伝道・英学教育等の「霄壌」を完遂することになりました。外国に赴くこと自体は容易になっています。しかし、その地で人々と交流し、自分の目指す活動を実現することは、時代を超えて共通することだろうと思います。学生の皆さんにとっての「霄壌」は実に多様であり、それぞれが尊重されるべきことです。本学の教育理念である“Do for Others”(他者への貢献)も、一方的な押しつけを意味しているのではなく、他者の「霄壌」を理解し、寄り添うことが基盤となっています。また各自の「霄壌」にいたる道筋も平坦ではないでしょう。本学は、学生の皆さんが「霄壌」にむけて進む力を培い、相互に支え合うことのできる人材との出会いを提供できることをお約束します。本学で多様な学習や学生生活、学生間や学生と教職員間の交わりを経験し、「霄(そら)あらば霄を窮めむ壌(つち)あらば壌(つち)にも活きむ」ためのライフプランを立ててみませんか。
明治学院大学学長 松原康雄

副学長・学長室長メッセージ

  • 副学長 永野茂洋
    大学はさまざまな知的活動とその成果を、国境を越えて世界中の人々に、また私たちの地域や社会に、そして何よりも、「教育」を通して未来の世代に還元し、伝えていくという大きな使命と役割を担っています。その全てが明治学院大学の”Do for others(他者への貢献)”の活動です。この他者貢献の姿勢は、幕末に来日して無償で施療に当たったヘボン博士や、多くの本学院設立者たちの信仰の遺産を引き継いだものであり、その淵源は聖書に遡ります。明治学院大学は自由の校風を誇る大学ですが、その「自由」もまた、「だれでも、自分の利益ではなく、他人の利益を追い求めなさい」という聖書の説く他者貢献の生き方との緊張の中で鍛えられ、育まれてきました。その「自由」の校風と伝統を大事にしながら、今後も明治学院大学が時代の真の必要に応える大学であり続けることができるように微力ですが力を尽くしていきたいと思います。


  • 副学長 野沢慎司
    幕末に無償の医療活動を行ったヘボン博士、その精神を受け継ぐ明治学院大学の学びは、今でも強い個性を放っています。それを象徴するのが、被災地支援など多様なボランティア活動を多くの学生たちが積み上げてきた事実です。先駆的な本学のボランティアセンターは、それを20年に渡って支えてきました。近年では、「内なる国際化」と銘打った学長プロジェクトが、国内に暮らす外国ルーツの人たちへの理解と支援について実践的に学ぶ機会を提供しています。さらに本学は、UNHCR難民高等教育プログラムによって難民学生を受け入れ、UNHCR難民映画祭のメンバー校として上映会を開催しています。通常の授業に加え、こうした学びの機会の豊富さが、明学生のキャリア形成を強く後押しすると信じています。副学長としての私の役割は、ボランティアセンター、「内なる国際化」プロジェクト、国連の難民関連事業、キャリアセンターの活動すべてに関わり、これら相互の連携を強めて、明学独自の学びを進化させることです。


  • 副学長 竹尾 茂樹
    2018年度4月から国際交流、自己点検・評価、FD、校友会関連の仕事を担当します。近年は産業界や政界をあげて高等教育における「グローバル人材育成」が求められていますが、その内実はあまり定かではありません。宣教医師ヘボン博士による開学の歴史を持つ本学では、宗教やことば、さらに様々な文化を介して、若い人たちが世界に自分を開いて行く豊かな土壌があります。しかし今日激動する社会にあって、こうした資源は十分に生かされているでしょうか。まだ潜在的なものに止まっているものも多いと思われます。大学のもてる資源を最大限に活用するためには、たゆまない教育システムの自己チェックと改革が必要です。日本と世界を結ぶためには、自分たちを取り巻く地域やコミュニティーについての正確で深い認識を持つことが不可欠と思います。その上で異なる「他者」と協働作業を行うことのできる社会人を育てることが大学の使命だと思います。そのための一助となれれば幸いです。


  • 副学長 渡邊 充
    私は「入試」「高大連携」「特別プロジェクト」を担当します。大学の入口たる入試では、少子化時代に合わせた多様な選抜方式で、多面的に受験生を評価する時代が来ます。向学心に富み、質のそろったレベルの高い受験生を受け入れ、一貫した教育方針によりディプロマ・ポリシーを明確にし、社会に貢献する人材を育てます。明学の底力たる「地力(じりき)」は教育力にあります。また、白金・横浜という「地力(ちりょく)」は、教育環境に恵まれ、数々の学生をスマートな社会人として質の高い就職先に輩出してきました。入口・出口の質の確保のためには、大学の本質は教育にあることを各学部が再認識し、明学ブランドの質を確保できる特別なプロジェクトを組み、教学改革を行っていきたいと考えています。


  • 学長室長 畑 宏樹
    いま大学をめぐる状況は大きな変革の時代を迎えているといえます。そのような変革の波に対して明治学院大学としての意思決定を、学長および副学長からなる大学執行部が適正かつ迅速に行うことができるよう学長室が存在します。事務局長をはじめとする大学職員は、大学執行部が機動的に意思決定をすべく事務的な作業の側面からサポートすることになりますが、この両者の連携を密にすることが肝要であると思います。学長室長としては、大学執行部の意向をしっかりとくみ取り、その政策実現に向けて大学職員への橋渡しを円滑に進めることを心がけていきたいと思います。また、大学は教育研究活動支援をその中心的な役割として担っていることは当然のことですが、同時に、学内外に向けた広報や地域連携も重要な役割といえます。これを担当する部局として総合企画室が存在しますが、この室長も兼務させて頂きます。微力ながら、明治学院大学のより一層の発展に貢献できればと思っております。

学生へのメッセージ

入学式や卒業式、式典などの式辞や祝辞を紹介します。

2017年度 卒業式

2018年度 入学式