スマートフォン版を表示
学び

エルハジ・アマドゥ・シィ国際赤十字・赤新月社連盟事務総長 講演会

教育理念に“Do for Others”を掲げる本学はこの理念を共有する人道機関、日本赤十字社とボランティアパートナーシップを結んでいます。
日本赤十字社のご協力により、エルハジ・アマドゥ・シィ国際赤十字・赤新月社連盟事務総長の特別講演会を10月2日、白金で開催しました。大学生、高校生、一般の方など約160名と共に日本赤十字社社長で国際赤十字・赤新月社連盟会長の近衞忠煇氏、ジャン=フランソワ・パロ駐日スイス大使ご夫妻も出席されました。

セネガル出身のシィ氏は、世界が直面し、誰にでも起こり得る人道的課題を3つのD「Disaster(災害)、Disease(感染症)、Displacement(難民等)」で表し、国際赤十字の役割や対応の重要性を訴えました。また、「支援とは義務ではなく、支援できる側の特権。喜んで行使しよう」「Do GOOD for Others」という印象的な呼びかけをされました。

質疑応答も活発で、終了後も学生たちがシィ氏を囲み、質問やハグなどの交流が行なわれました。

明学レッドクロスの鈴木滉介さん(社福3年)は、シィ氏に「心の中心にあるもの」を質問。自分と同じ「母」との回答と温かいハグに、家族など身近なところから「貢献」を始めたいと思ったと話します。

滞日2日間のうち、唯一、本学で講演してくださったシィ氏。貴重な学びの機会を与えてくださいました。


講演されるシィ事務総長

白金通信2017年12月号(No.492) 掲載