スマートフォン版を表示
学び

社会学部社会学科【佐藤正晴ゼミナール】

メディアの影響力を学ぶ

みなさんのお気に入りの音楽や映画、テレビ番組は何ですか?いつも楽しみにしていることはありますか?佐藤ゼミでは、私たちにとって身近なテレビや新聞、雑誌、映画、演劇、音楽などのメディア媒体を分析の素材として、「社会」というものがどのように描かれ、関わっているのかを研究しています。本年度は「メディア史から読む現代のしくみ」をテーマに、興味、関心のあることを自由に取り上げ、分析・研究をして授業内で発表を行いました。人気者や人気番組について分析をしていると普段何気なく見ているものの見方が変わったり、新しい発見があったりとメディアを学びながら自分の社会に対する視野を広げることができます。

授業以外にも定期的に懇親会などのイベントを開催したり、夏にゼミ合宿を行ったりしています。ゼミ合宿ではグループに分かれてそのグループごとにテーマを決め、取材先で動画を撮影、編集し、発表まで行いました。1本の動画を作るのに膨大な時間と労力がかかりましたが、メンバー全員で協力することで貴重な経験を積むことができました。

将来メディア系の仕事に就きたいと思っている方はもちろん、少しでもメディアについて興味がある方はぜひ佐藤ゼミで充実した時間を過ごしてください。

学生広報委員
桜井優花(社会3年)

 

白金通信2018年3月号(No.493) 掲載