スマートフォン版を表示
学び

日本橋の老舗企業のPR動画を留学生と学生が制作

本学と東京商工会議所中央支部との連携協定により、老舗企業、(株)にんべんを学生・留学生の視点からPRする動画の制作を留学生とともに行いました。老舗企業の研究者、神田良国際経営学科教授と共に5名の学生・留学生が昨年の秋頃より老舗や(株)にんべん、鰹節について勉強を始め、年末に(株)にんべんの髙津克幸社長にインタビューし、年明けから動画を制作。インタビューや動画撮影は(株)にんべんの日本橋本店にて行いました。

社長にお会いしてお話を伺う機会は滅多にないため、インタビューは緊張しましたが、興味深いお話をたくさん伺うことができました。海外事業部の方から海外向けビジネスについて、ラベルデザインの違いなどのお話を伺えたので良かったです。店内の見学や出汁の試飲、かつお節削りの体験などもさせていただきました。かんなで削るには力がいるようで、なかなかきれいに削れず留学生は苦戦していました。また日本人学生にとっても出汁や旨みの魅力を再発見する良い機会になりました。

動画編集は誰もやったことがなかったので、動画編集ソフトの使い方の勉強から始めました。動画のストーリー構成を考えることももちろん大変でしたが、編集ソフトの操作に慣れることが本当に難しかったです。

完成したPR動画はなかなか学生らしい出来になっていると思います。英語の字幕も入っているので、日本人だけでなく海外の人にも見ていただけたら嬉しいです。

岩井莉奈(国際経営4年)


緊張しつつ、インタビュー・撮影を行いました(右端が岩井さん)。


削り方を教えていただき、かんなでの鰹節削りに挑戦しました。

白金通信2018年4月号(No.494) 掲載

※PR動画は、下記で公開されています。
https://youtu.be/FS98BpWBFM8
動画タイトル:「老舗企業の魅力を留学生・大学生が発信!Vol.1 株式会社にんべん」
(再生時間:12分43秒)