スマートフォン版を表示
学び

浅川達人ゼミ(社会学科)が大槌町吉里吉里を訪問

6月30日、浅川達人教授と3年ゼミ生の有志が岩手県大槌町吉里吉里を訪問しました。午前中は町の方に大槌町各地を案内していただき、午後は吉里吉里の街を歩きました。
浅川ゼミは、社会を社会地図として可視化し、分析する方法を学ぶゼミです。教室での授業に加え、町歩きなどのフィールドワークも行っています。

震災から7年が経ちましたが、地区によって復興の進度はさまざまです。震災後、人口流出が加速し、現在も中心街には人が戻ってきておらず、過疎化や高齢化がより進行している様子が見て取れました。道路や建物の完成は、復興の終わりではなく、新たなスタートであると感じました。震災によって大きく変わった街並みを見て、「復興とは何か」を問い直す1日となりました。

小川英恵(社会3年)

大槌町の城山で、復興の様子について、天照御祖神社宮司の藤本俊明さんと吉里吉里公民館長の芳賀博典さんに解説いただきました。

  吉里吉里3丁目に残る、東日本大震災での津波到達線を示した建物。居住できないエリアに指定されたので、この建物もまもなく撤去される予定です。

公民館で清掃。掃除機をかけた後、モップで床を拭きました。

ボランティアセンターの学生が植えた花。公民館のじょうろを借りて、水をやりました。

藤本さん、浅川教授、ゼミ生で記念撮影!

白金通信2018年10月号(No.496) 掲載