スマートフォン版を表示
ボランティア

【海外プログラム事業部】明学国際ガールズ・ウィーク開催!

海外プログラム事業部は10月11日の国際ガールズ・デーを契機に、10月8日~12日を「明学国際ガールズ・ウィーク」として、ピンク・レモネード販売、図書展示、外貨募金を行いました。国際ガールズ・デーについて知ってもらうだけでなく、企画に参加してもらうことを目標に、夏休みから準備を重ねてきました。

ピンク・レモネードは予想を超えて毎日完売。5日間で574杯の売り上げを記録し、1杯30円、合計17,220円をプラン・インターナショナルに寄付できました。ピンク・レモネードを飲むことが募金につながる、という気軽さが成功のカギとなったと感じています。メンバー自らも世界の女の子の現状や抱える問題について考え、実りある活動となりました。

国際ガールズ・デーの存在をお伝えすることで、学生の皆さんになぜ今、女の子への支援が必要なのかを少しでも考えていただけたら嬉しいです。

田口慈江(政治2年)

図書館での書籍展示も!

これがピンク・レモネード

昼休みを中心にどんどん売れ、作るのが追いつかないくらいに!

協力して装飾やステッカーの準備を進めました。

 

白金通信2018年12月号(No.497) 掲載