スマートフォン版を表示
課外活動

任意団体【ふぁーむ愛好会】

食への感謝を忘れない体験型サークル

ふぁーむ愛好会は、農業体験を行うサークルです。主な活動内容は、学外に出て農業体験を行い、普段当たり前に感じてしまっている「食」への感謝を再確認することです。現在2年生を中心に13名の部員で活動しています。

春の新入生歓迎会にはじまり、夏に訪れた埼玉県の秩父にあるぶどう園では、作り手である農園の方のお話を聞き、ピオーネ、シャインマスカット、巨峰などの作り方について知識を深めました。農園の方からは、ぶどうが実るまでの過程や、農業を仕事にすることのよさ、苦労することなども含めて教えていただき、作物が私たちの手元に届くまでにいかに作り手の方が愛情を持って育てているのかを再度考え直すことができました。
その他にも、秋の味覚である野菜や果物の勉強会と農業体験、春には栃木県でのイチゴ狩りを計画するなど、旬の食材に対してさまざまな体験を企画しています。特に、イチゴ狩りでは、イチゴの生育過程について学ぶ予定です。

活動を通じて、大学生が普段体験できない活動を行い、知識を得ることで、食物に対して真に向き合うことができます。また、自分の企画を提案することもでき、リーダーシップを磨きたい方やさまざまな農業体験をしてみたい方にオススメです。今からでも遅くありません。ぜひ私達と農業に対する学びを深めていきましょう。

学生広報委員
堀口歩美(経営3年)

ぶどう農園で作り手の気持ちに寄り添い、作物について考えました。

白金通信2018年12月号(No.497) 掲載