スマートフォン版を表示
ボランティア

明治学院大学ボランティアファンド学生チャレンジ賞2018決定!〜社会に貢献する人材と活動を育てるために

「明学グッズ」の本体価格の10%をボランティア活動支援に活用する「明治学院大学ボランティアファンド」。このファンドを原資として、「明治学院大学ボランティアファンド学生チャレンジ賞」は明学生の主体的なボランティア活動を支援しています。2018年度の受賞団体を紹介します。

8団体が受賞しました

スタートアップ部門

「できない、やらないのは子どものせい」と思ったあなたへ 【小林潤一郎ゼミ】
教員を目指す学生向けに、障がいのある児童への関わり方を見直すきっかけとなるガイドブックを作成。

ペットボトルキャップ回収公演【D(アート団体)】
ダンスパフォーマンスを行い、チケット代わりにペットボトルキャップを回収。キャップは子ども達へのワクチン支援へ。

ジャンプアップ部門

YOUは何しに東南アジアへ?【NPO法人JUNKO Association】
母校の中高で国際協力に関するワークショップを実施し、明学のボランティア活動への認知・理解も目指す。

全ての犬の幸せの輪を広げるプロジェクト【MGハロードッグ】
犬の飼育放棄・殺処分減少、保護犬の譲渡上昇を目的として活動。戸塚まつり等で学内の啓発活動も行う。

『吉里吉里から』を更新し、現在の吉里吉里を知ってもらおう
【「Do for Smile@東日本」プロジェクト明学・大槌町吉里吉里復興支援プログラム】
吉里吉里の魅力を発信する冊子『吉里吉里から』の続刊を作成。

郡上おどりin戸塚【郡上おどりin戸塚 学生実行委員会】
岐阜県郡上八幡と戸塚をつなぐ「郡上おどりin戸塚」。講習会やプレイベント等、2019年はさらに拡大して実施。

「HEIWAの鐘」を響かせる【Light House】
合唱曲「HEIWAの鐘」をテーマとしたWebサイトを立ち上げ、若い世代に戦争や平和を考えるきっかけを作る。

MG Closet【MGC】
キャンパス内で古着を集め、ファッションショーを開催。古着はその後、NPO団体に寄付する。

白金通信2019年3月号(No.498) 掲載