スマートフォン版を表示
課外活動

体育会【洋弓部】

仲間とともに、常に自分との戦いに挑み続ける

洋弓部は水・土曜日に横浜キャンパスにあるアーチェリー場で活動しています。3月から始まるリーグ戦で、男女ともに1部昇格を目標に練習に取り組んでいます。

取材した来年度主将の瀬山直聡さん(消費2年)にとって、アーチェリーは練習した分結果が出ることが魅力であり、常に自分との戦いに挑むことが大事だそうです。努力がすぐに結果に結びつかないときもあるとのことですが、自分と戦い、良い成績を残せたときの達成感は何事にも代えがたいと実感していました。

私も練習を見学させていただきました。洋弓部の皆さんが的を狙っているときの集中した姿が印象的で、まさに「自分との戦い」に挑んでいるように見えました。

また、瀬山さんは「洋弓部では、学年の垣根を超えてコミュニケーションが取れます。大学から競技をはじめた人がほとんどなので、一緒にレベルアップできます」とも話してくれました。コミュニケーションを大切にしながら切磋琢磨し合える部員、普段から活動に協力してくれる家族、活動場所である大学への感謝の気持ちを忘れずに競技に取り組んでいるそうです。

ともに練習して競い合う仲間も含め、洋弓部に関わる全ての方への気持ちを胸に、自分との戦いに挑み続ける洋弓部の活躍に今後も期待したいです。

学生広報委員
藤原 啓(社会3年)

リーグ戦1部昇格を目指し練習を重ねています。

白金通信2019年3月号(No.498) 掲載