スマートフォン版を表示
ボランティア

「1 Day for Others」キャンパスを飛び出して、私たちが発見したこととは?

社会に一歩踏み出して、1日体験するボランティアプログラム「1 Day for Others」。社会の課題を身近に感じ、自らの学びに活かす、明治学院大学ならではのオリジナルプログラムです。毎年700人を超える学生たちが参加し、さまざまな体験と発見をしています。春学期に行われたバラエティ豊かなジャンルのプログラムで、学生たちが体験したことを紹介します。

発見がいっぱい!「1Day」では、こんなプログラムを実施!

 

 ワールドランナーズ・ジャパン[アフリカ支援]  

人を幸せにすると、自分の心も温まる  

ボランティアは人を幸せにできる素晴らしい活動だと思います。参加した学生はマラソン参加者をサポートすることで間接的に行動を応援し、マラソン参加者は私たちに全力で取り組むことの素晴らしさを伝え、そして感動を与えてくれました。私はこの1Day参加を通して、ボランティア活動は人と人とのつながりを実感し、自然と心が温まるものであると学びました。
尾上めぐみ(国際経営3年)

【プログラムの概要】
「飢餓のない未来を実現する」ため、「走る」というシンプルな活動を通じて、アフリカ支援をおこなっているワールドランナーズ・ジャパン(WRJ)。1 Day for Others(以下1Day)では、5月に実施された「チャリティリレー for Africa」の会場設営から受付、給水、物販・団体紹介ブースの運営など、およそ30名の学生が毎年運営サポートを体験しました。

 

ランナーを誘導。みんながんばって!


 

 とっとの芽[子育て支援]   

実感!安心して遊べる場所の大切さ

6月、雨の日の「とっとの芽サテライト」は土曜日だったこともあり、お父さんに連れられてくるお子さんが多かったです。お父さんたちは、今日はお母さんに自分の時間を使ってもらいたいと思っていらしたのではないでしょうか。当日お会いしたお母さんやお父さんたちからは、安心して子どもと遊べる施設が少ないという声をお聞きしました。これから親になる明学生にも地域の中にはこうした活動や場所があることを知ってほしいと思いました。
上田琴音(教育発達2年)

【プログラムの概要】
「とっとの芽」は東戸塚にある子育て支援施設です。0歳から2歳の子どもとお父さん、お母さんが気軽に立ち寄り、子育ての相談や情報交換、異なる世代の人と交流しています。今回は、戸塚駅近くに3月にオープンした「とっとの芽 サテライト」で初めて活動しました。地域に根ざした子育て支援について学ぶと同時に、小さな子どもと接することで新たな気づきも得られた1Dayになりました。

 

折り紙での魚釣り。好きなお魚をプレゼントしました。

たくさんの子どもが遊びに来てるよ!

 


 

セールスフォース[CSR活動]   

就職活動を考える機会にも

今回、企業のCSR活動について学ぶ1Dayを企画担当しました。ボランティアのほかにも、企業の方々と問題解決ワークショップを行い、アプリケーションの作成をしたり、社員の方と一緒にランチをしたりする機会もあったので、就職活動を考えるきっかけにも。ボランティアを初めて行う学生にも楽しみながら企業活動を学ぶことができました。
江連星来(消費3年)

【プログラムの概要】
外資系IT企業、株式会社セールスフォース・ドットコムはCSR活動に力をいれています。1Dayでは、社員の方との交流や問題解決ワークショップを行い、ボランティア活動を通した社会課題の解決について考えました。また、セールスフォース・ドットコムのボランティアパートナーのNPOで、使用済み切手の仕分けボランティアを行いました。

 

ボランティアパートナー先で古切手をみんなで仕分け。


 

マドレボニータ[母親の産前産後支援]  

親になっても、私は私らしくていいと思えた

昨年に続き、本年度も参加しました。その中で改めてマドレボニータの活動は、親であっても私は私であっていいのだと思わせてくれると感じるました。それは、呼ばれたいあだ名で呼び合うコミュニケーションや、決して否定するのではなく認め合い、尊重し合うことができる温かい空間があるからこそだと思いました。昨年度よりも参加した学生が多く戸惑うこともありましたが、多かったからこそできたこともあり、学びを吸収する良い時間に思えました。
亀山由加里(社福3年)

【プログラムの概要】
「マドレボニータ」はスペイン語で『美しい母』を意味します。活動理念は「すべての母が自らの力を発揮できる社会へ」。子育てをする女性のために産前産後の教室を中心とし、さまざまな取り組みをおこなっています。1Dayでは、本学白金キャンパスを会場に産後のご夫婦と赤ちゃんをお招きしての「カップルエクササイズ」講座を開催。午後は、マドレボニータ講師からの講義とワークで、産後の理解を深めました。

 

赤ちゃんかわいいな。

白金通信2019年秋号(No.501) 掲載