スマートフォン版を表示
オンライン授業、受講中!

【学生広報委員がレポート】「合同演習」大学院の授業はこんな感じ!

 大学院の授業はこんな感じ!  

学生広報委員 嶋野知広 
(明治学院大学大学院 法と経営学研究科修士2年生)

【受講中の授業】
「合同演習」(法学部 近藤隆司教授 、経済学部 斉藤都美教授)

 
修士論文作成・発表に向け、それぞれが発表資料を作成し、Teamsを通じて、院生同士が自分のテーマを発表しあい、各自の研究を深めていく授業です。法学と経営学領域のそれぞれの2人の教授により、専門的な視点から研究に対するアドバイスや指導を受けることができます。私の専攻は経営で、現在「労務環境」について研究していますが、法律の視点からのアドバイスを通じて、研究の視野が広がりました! 先生方は、オンライン授業では学生同士の議論や質問の時間を設け、その時間を大切にするよう工夫しておられています。

そのため、それぞれの研究テーマに関した議論を院生同士で行い、知見を広げることができます。 同期14人はオンラインであってもとても積極的なので、質問や議論は活発に行われ、研究に関する質問や「もっとこうしたら論文が良くなる」など、アドバイスをし合っている様子が印象的です。また社会人、留学生も数多く在籍しているので、「経験談から言うと〇〇」や「海外では〇〇」というような、より実践的な視点やグローバルな視点から議論が展開されることもあります。

法と経営学研究科では、法律と経営学領域を広く研究することができるため、院生によってテーマはさまざまです。「税法」「マーケティング」「不法行為法」など多岐にわたるので、「労務環境」を研究する私も、毎回新しい知識を吸収することができ、刺激的な授業となっています。

対面の授業と比べて、お互いの雰囲気を感じとることは難しいのですが、入学当初からお互い高めあってきた同期なので、オンライン上でも楽しく賑やかな授業となっており、毎週授業を受けるのが楽しみです!


パソコンスタンドは必須です!
長時間の使用による手首の疲れや姿勢改善に効果的でした!
またパソコンの高熱によるアプリケーションのフリーズもなくなりました!


 

オンライン授業を受講する明学生へ!
教員からのメッセージ 
 

 
法学部教授 近藤隆司
経済学部教授 斉藤都美 

「合同演習」では、法と経営学研究科修士課程の2年生全員が、修士論文の途中経過をプレゼンテーション形式で報告しています。三人寄れば文殊の知恵、異なる知識や経験を持った人たちが集まることで、毎回新鮮な報告や意見を聞くことができます。ときには厳しめのコメントが飛ぶこともありますが、そこにはより良い修士論文の完成を目指したいという、参加者全員の熱い思いがあることは言うまでもありません。顔を合わせられないのが残念ですが、オンラインでのプレゼンと質疑応答にも慣れてきました。