スマートフォン版を表示
学び

法学部【蛯原健介ゼミ】

珍しいワイン法に関するゼミ

みなさんは「ワイン法」をご存知ですか? ワインのラベル表示やワインの産地を保護するためのさまざまな法律です。このようなワインに関する法律を、蛯原ゼミの大きな特徴でもある学外研修で学びます。

昨年の春学期は、ジョージアワイン展やキリンビールの工場、山梨のワイナリーに行きました。

また、夏のゼミ合宿では、北海道でお酒に関する施設を見学しました。サッポロビールの工場では、実際にビールの原料のホップに触れることができ、とても感動しました。また、北海道ワインに訪れた際には、実際に作っている機械を見せていただき、たくさんの歴史と工程を経て出来上がったワインを試飲しました。ほかにもニッカウヰスキーを訪れました。

秋学期は、学外研修で培った知識をいかして地域別発表、ワインの文献の英訳、学期末には1万字のレポートを提出します。私はワインと和食のマリアージュ(組み合わせ)について書き、ワインがより身近なものに感じられるようになりました。蛯原ゼミは楽しみながら学び、しっかり発表もできる非常にメリハリのある最高に楽しいゼミです。

最後にクイズです。「日本ワイン」と「国内製造ワイン」には違いがありますが、どう違うのでしょうか?この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひ調べてみてください。

学生広報委員
坂田あかり(法律4年)

蛯原ゼミの醍醐味といえば学外研修!

白金通信2020年冬号(No.505)掲載