小串 典子准教授 Fumiko Ogushi 2024年4月着任予定

学位

博士(工学)

研究分野

統計物理

研究キーワード

集団現象 輸送現象 複雑ネットワーク

研究紹介

コップの中の水は、全体としては液体として振る舞う一方で、個々には単純な規則に従う要素の集まりでもあります。要素同士が相互作用することで、例えば、沸騰したり凍ったりと大きく様相を変化させもします。コップの中の水と同様に、人の社会のような現実の大規模で複雑な系も「要素間の相互作用に基づき成立する系」として捉えることが出来ます。私は現在主にWikipediaや人のコミュニティなど「自由な参加者の協力により発展している系」を対象として、何故こうした系が上手くいっているのか、どのように発展するのか、また、一見異なる系の間に普遍性や個別性があるのか、といった点について理論研究と実データ解析の双方から研究を進めています。



想定される卒業研究テーマ

沢山の要素の相互作用の結果として現れる複雑で多様な現象に興味があります。そうした中から、数理物理と計算機を頼りに、理論とデータ解析のどちらか、あるいはどちらも行いながら研究を進めます。個別のテーマは皆さんの興味と照らし合わせて、相談しながら決めていく予定です。 (例)輸送現象、ネットワーク、社会系データを用いたデータ解析および理論研究、など。

趣味・特技・好きなこと

受験生・学生へのメッセージ

水の性質のような古くから物理学の分野で扱われてきた対象と、生物の行動や人の社会といった一見かけ離れた対象も、統計物理の考え方を基に捉えると、実は多くの共通した議論ができることがあります。数理や物理と計算機の力を頼りに、世の中のさまざまな現象に自分の力で挑戦してみませんか。