スマートフォン版を表示

芸術学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)
MAJOR OF ART STUDIES

時代に合った柔軟な発想、広い視野を培う専門領域を学ぶ

芸術学専攻は、音楽学研究コース、映像芸術学研究コース、美術史学研究コース、芸術メディア論研究コース、演劇身体表現論研究コースの5専修からなります。学生は、それぞれの専修における研究を深めてゆくと同時に、専修以外の領域にも視野を広めながら研鑽を積むことができます。例えば、映画、ヴィデオなどの映像芸術は、美術、そして音楽と相互に極めて深い関係にあります。ですから、いかなる専門的な研究も、関連する諸芸術への幅広く柔軟な視座なくしては成り立ち得ません。既存のジャンルの概念を超える例も数多く見出される近年のアートシーンの活況は、このような広い視野からの研究の必要性と必然性を強く裏付けています。本学の芸術学専攻は、各コースに高い水準の講座が用意されているという点で、大変にユニークな専攻です。その総合的な広がりと深さは、芸術学の専門的な研究を志す者にとっては、理想的な環境を提供するものでしょう。第一線で国際的な活動を行う教員たちによる多彩な科目の履修を通し、豊かな知識に基づきながら、芸術を自由にとらえ、考えることのできる、幅広い視野を持った人材の育成を本専攻では目指しています。修了後の進路としては、研究・教育職はもとより、このような柔軟性を活かしたさまざまな職種が考えられます。美術館・博物館の学芸員、ホール・劇場の芸術監督、プロデューサーなど、企画・制作の現場を率い、支える仕事、さらに、放送・出版関係などのメディアに関わる仕事の可能性も開かれています。

TOPICS

演劇身体表現論研究コースへようこそ!

2021年度に開設された演劇身体表現論研究コースは、専攻の中では一番新しいコースです。

人類の誕生に起源を持ち、2500年もの歴史を持つ演劇を学問として学べる研究機関は日本のみならず世界中に既存しますが、本コースは、あくまでも学問としての演劇学にこだわりながら、生きた舞台に触れ、時代や社会の息吹を敏感にキャッチして研究に生かせる人材を育成します。そして国際色豊かな校風、様々なジャンルが共存する芸術学専攻の特色を活かし、広い視野と知識を持ち、国際的に活躍できる研究者を輩出します。芸術についての幅広い知識と、評論と日本現代演劇、または象徴主義を中心とするフランス近現代演劇など、専門的な演劇学を学ぶことができます。

演劇に欠かせない<空間><場>を考えるとき、白金台という土地柄も非常に魅力的です。東京の中心に位置し、ありとあらゆる劇場へのアクセスの良さは勿論の事、歴史と緑に囲まれた静かな環境は、豊かで落ち着いた研究の基盤に相応しいでしょう。舞台は整っています。私たちは皆さんとの出会いを心待ちにしています。経験豊富な教員や仲間と共に研鑽を積み、豊かな時間を過ごしましょう。

給付型奨励金・補助金制度

文学研究科に在籍する学生(主に博士後期課程)の研究支援を目的として、原則各年度6名に海外における調査研究や発表の費用の一部(一人10万円、または20万円※海外のオンライン会議への参加は最大5万円)を奨励金として給付します。また、文学研究科に在籍する学生を対象に国内の学会参加旅費に対する補助金(1人3万円まで)を給付します。

インタビュー


柳田 英里香
芸術学専攻 博士前期課程
2021年3月修了

知識を土台に物事を客観的に捉え直し、 自分の意見として言語化することを学んだ

宝塚歌劇に関するニュースや評論において「宝塚らしい」という表現が度々登場します。この「宝塚らしい」という言葉は、理解できるようで理解できない。私は、この「宝塚らしい」とは何か、自分が納得できる答えを導きだしたいと明治学院大学大学院に進学しました。自分が興味を持つテーマの研究は偏った意見になりがちであり、客観的な視点を持つことに苦労をしました。また進学当初は、自分が間違った意見を述べているのではないかと論文発表の場がとても苦手でした。しかし、経験を重ねるうちに、例え意見が批判されても、それは他者と自分が違う意見を持っているだけなのだと思えるようになりました。『勉強の醍醐味は思いがけないところで自分の人生に結びつく喜びにある』。これは指導してくださった先生の言葉です。この言葉に、勉強する機会は常にあり、いつでも挑戦できる、そしてその学びは必ず自分の自信に繋がるということを教わりました。今後も、大学院で学んだ知識や経験を糧に、どのような時でも学びの精神を大切に日々を過ごしたいと考えています。

修了後の進路

研究科ごとの修了後の進路(過去3年間の実績)

専門分野/開講予定科目 担当教員紹介

*は研究指導教員
博前博士前期課程の研究指導 博後博士後期課程の研究指導

氏名 専門分野/開講予定科目 授業内容
岡部 真一郎 教授*
博前博後
音楽学演習 20世紀音楽/同時代音楽に関する多角的な視座を養うことを目標とする。
望月 京 教授*
博前博後
作曲・音楽理論・楽曲分析 楽譜の有無にかかわらず、あらゆる音響・音楽を分析的に聴き、時代や社会背景と関連づけながら、内包された意味を読み取ることを学ぶ。
和田 ちはる 准教授*
博前博後
20世紀ドイツ音楽・音楽社会学 音楽を時代や社会の枠組みとの関連から主体的にとらえる視点を涵養する。発表、討論、小論文作成の過程から、論理的な構成力と表現力を身につける。
井上 さつき 講師 音楽学特殊講義 近現代の音楽を取り巻く状況を音楽学の視点から考察するための方法論を身につける。
斉藤 綾子 教授*
博前博後
映像芸術学演習 基本的に映画理論の理解を深めることを目的とする。取り上げるテーマは、日本映画、フェミニズム、メロドラマ、観客論など。テクスト分析、映画史、文化史の文脈で考察する。
門間 貴志 教授*
博前博後
映像芸術学演習 戦争映画、SF映画、青春映画、犯罪映画、メロドラマからドキュメンタリー映画など、さまざまなジャンルの映画を民族・文化表象の観点から分析し、映画研究における幅を広げる。
Roland DOMENIG 准教授*
博前博後
映像芸術学演習 製作、興行、受容、批評など多面の観点から映画史を考察し、映画及び映画研究の発展を検討する。
平野 共余子 講師 映像芸術学特殊講義 第二次世界大戦後の日本映画史についていくつかの作品を取り上げ、製作過程、作品分析、ジャンル、国内外の批評などの観点から複合的に考察する。
中村 秀之 講師 映像芸術学特殊講義 映画作品の歴史的批評的研究を行う。ハリウッド映画を主な対象として、作品におけるイデオロギー的内容と映画的表現との関係を、製作から受容までの過程に位置づけて分析する。
青野 純子 教授*
博前博後
美術史学演習 初期近代ヨーロッパの絵画市場と流通のグローバル化、コレクション形成など、受容の側面から絵画の価値・鑑賞を考察する。
山下 裕二 教授*
博前博後
美術史学演習 江戸時代、明治時代の絵画を中心に、個別の作家研究を通じて、日本美術史の方法論を体得する。
小勝 禮子 講師 美術史学特殊講義 専門は近現代美術史、ジェンダー論、博物館学。元栃木県立美術館学芸課長。日本から世界の女性美術家について調査し、展覧会企画。現在は現代アジア女性美術家に焦点を当てて調査中。
小林 祐子 講師 美術史学特殊講義 古文書解読は、日本古美術研究における不可欠のスキルである。活字化されていない江戸時代の資料を中心に講読する。
塩谷 純 講師 美術史学特殊講義 明治大正期の美術界に絶大な影響力を持った「日本近代洋画の父」黒田清輝の存在を抜きに、日本の近代美術史は語れない。その事績について、作品や資料を通して検証する。
宮崎 克己 講師 フランス近代美術史、美術交流 近代美術における日本から西洋(主としてフランス)への影響、すなわちジャポニスムと、西洋美術の日本への受容について、双方向的な視点で捉えることを研究テーマにしている。
長谷川 一 教授*
博前博後
芸術メディア論演習 メディア論・メディア思想・文化社会学。ディズニーランドやコンビニ、乗り物など具体的な事象から、テクノロジーが浸透してメディア化した現代社会の日常性を研究している。
古川 柳子 教授*
博前博後
芸術メディア論演習 「マス」と括られてきた個人が社会に直接発信する時代の流れを踏まえ、人間の表現活動と社会を結ぶ「メディアのデザイン」や「コミュニケーションの在り方」を探索する。
佐藤 由紀 講師 生態心理学・身体論 芝居は「見えない他者」を巡る芸術。俳優の身体によって舞台上に「何か」が見えてくる時、その本領を発揮する。そこで何が起こっているかを、生態心理学を始点として追求している。
穴澤 万里子 教授*
博前博後
演劇身体表現論演習 メーテルリンクを中心としたフランス象徴主義演劇を専門とし、当時の演出と演技について、また美術との関係性を研究している。授業では多角的に演劇を捉える事を目的とする。
西堂 行人 教授*
博前博後
演劇身体表現論演習 演劇批評の理論と実践。日本の近代演劇思想史、および60年代以後のアングラ・小劇場の歴史と理論研究。ドイツを中心としたヨーロッパ演劇、韓国の演劇等参照しつつ世界演劇論を構想。

入試情報

おすすめ