スマートフォン版を表示

心理学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)
MAJOR OF PSYCHOLOGY

心理学を基盤に社会の様々な場面で活躍できる高度専門職業人の養成

心理学研究科心理学専攻は、「こころを探り、人を支える」という教育理念の下、高い倫理観を持ち、心理学を基礎として活躍できる高度な能力を持つ人材を育成することを目指しています。

博士前期課程では、現代社会の要請に応えて、心理学的素養を基盤に、社会の様々な支援の場で活躍できる高度専門職業人の養成、および研究職を目指すために必要な研究能力を持つ人材の養成を目指しています。そのために、心理学および臨床心理学の様々な領域を網羅した幅広い講義科目とともに、実験・実習を重視したカリキュラム編成をしています。

博士前期課程は、臨床心理学コース、心理学コースの2コース制をとっています。臨床心理学コースでは、クライエント中心療法、精神分析、認知行動療法、家族療法、グループ・アプローチ、コミュニティ・アプローチなどの様々な心理療法や、心理アセスメント、精神医学などを学ぶ講義、学内心理臨床センターと学外提携機関における実習と臨床指導などにより、保健医療、福祉、教育、司法犯罪、産業労働の各分野で、幅広い心理臨床活動が出来る心理職の専門家を育成しています。心理学コースでは、認知心理学、生理心理学、生涯発達心理学、社会心理学、産業・組織心理学、教育心理学・心理統計学の領域を充実させ、現代社会の問題に対応する人材と研究者育成を目指しています。

博士後期課程では、臨床心理学、心理学、教育発達学の各分野における研究者、および心理学の素養を基盤として個人や地域社会への支援を実行できる実践家の指導者の養成を目指しています。そのため、それぞれの分野の専任教員による個別的な研究指導とともに特別講義科目を配置し、偏りのない広い視野を持つ研究者、高度専門職業人の指導者養成を行っています。

TOPICS

心理臨床センター(心理学部付属研究所)での充実した実習・研究

心理臨床センターは、地域の方々への相談サービスを提供する機関として、様々な心理的な問題でお困りの方の相談に応じています。プレイルーム、箱庭ルーム、アクティビティルーム、面接室などが整備されています。地域の方への相談サービスだけでなく、大学院生の臨床実習教育機関として、カウンセリングやスーパービジョンに活用されています。また、大学院生用の研究室やパソコンルームがあり、集中して研究・学習できる環境を提供しています。

公認心理師資格・臨床心理士資格の高い合格率と安定した就職状況

臨床心理学コースは、国家資格である公認心理師と公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士の養成カリキュラムに対応しています。さまざまな心理療法や精神医学等に関する講義科目はもちろんのこと、面接スキルや心理査定に関する実習、学内心理臨床センターでのケース担当とスーパービジョン、学外提携機関における臨床実習とスーパービジョンなどを通して、さまざまな心理臨床現場に対応できる実践的な臨床能力を養います。

修了生の臨床心理士試験の合格率は、2017年度100.0%、2018年度100.0%、2019年度93.3%、2020年度90.0%、公認心理師試験 の合格率は、第1回(2017 年度修了生)90.0%、第2回(2018 年度修了生)93.8%、第 3回(2019 年度修了生)100.0%であり、非常に高い 合格率を誇っています。また、修了生の就職状況は非常に安定しており、総合病院、精神科クリニック、児童福祉施設、教育相談室、学生相談室、 産業領域、公務員心理職等で活躍しています。さらに、大学院修了と同時に常勤職として採用される人が半数以上と高いのも大きな特徴です。

高度な心理データ解析技術の習得

行動科学の世界でもビッグデータが収集され、研究用に公開されるようになってきました。心理学の分野でもビッグデータを用いた研究の必要性は今まで以上に高まっています。この時流に応え、2015年には高速演算用ワークステーションを導入した他、心理学コースでは大規模学力・社会調査の公開データを分析するためのプログラミング言語と、発展的な心理統計手法を学ぶ授業「心理応用統計法」「教育測定心理学特論」「教育心理学特殊研究」を提供しています。さらに、コース生と教員とが経営科学系研究部会連合協議会主催の「データ解析コンペティション」で共同発表するなど、実践的な統計の学習に積極的に取り組んでいます。

インタビュー


遠藤 綾乃
心理学専攻
博士前期課程(臨床心理学コース)
2018年3月修了

常に実践的な学びのなかで心理臨床家としての姿勢を体得

臨床心理士と公認心理師の資格を取得し、心理士として東京警察病院で働いています。明治学院大学大学院では、「自己複雑性と反芻・省察」をテーマに、青年期においてどのような自己注目が心の健康に有効であるか、自らの仮説を立証すべく研究を行ってきました。大学院での実践的な研究・学びを通じ、現在の心理臨床家としての姿勢を体得できたと思います。将来は、身体疾患の知識も身につけ、リエゾンチームの中で他職種と連携しながら入院患者さんを心の面からサポートできる心理士を目指したいと思っています。



齋木 彩
心理学専攻
博士前期課程(心理学コース)
2019年3月修了

研究に必要な知識が自分の自信と誇りに

私の研究テーマは、「時間的距離が自己の未来の知覚に与える影響」です。1ヶ月後と3年後のような異なる時期の未来の自分を想像することが、未来の自分に対する知覚にどのように影響を与えるか、想像の抽象度に着目し探求することです。大学を卒業し、一度は就職をしましたが、より心理学の知見を広め、キャリアアップしたいと思い進学を決意。研究を続けることで大きな自信を得ることができました。現在は、大学院で培った仮説を立て、検定するための能力をリサーチ会社での仕事に活かしています。

修了後の進路

研究科ごとの修了後の進路(過去3年間の実績)

専門分野/開講予定科目 担当教員紹介

臨床心理学コース

*は研究指導教員
博前博士前期課程の研究指導 博後博士後期課程の研究指導

氏名専門分野/開講予定科目授業内容
伊藤 拓 教授*
博前博後
学校臨床心理学 学校臨床心理学、スクールカウンセリング、精神的不適応の予防、精神的健康の増進に関連する諸テーマを研究指導。
金沢 吉展 教授*
博前博後
心理療法、健康心理学、臨床家の教育訓練 臨床家のスーパービジョンや困難体験、心理療法のプロセス・効果、および、身体疾患に関わる心理的援助について研究指導。
杉山 恵理子 教授*
博前博後
グループアプローチ、福祉心理学 集団心理療法の理論と実践・臨床心理学的地域支援等、福祉心理学についての研究指導。
西園マーハ 文 教授*
博前博後
臨床精神医学、社会精神医学 臨床精神医学、社会精神医学の立場から、摂食障害、産後メンタルへルス等のテーマや多職種連携などについて研究指導。
野末 武義 教授*
博前
家族心理学・夫婦家族療法 カップルセラピー、家族療法、家族心理学、アサーショントレーニング、個人療法と家族療法の統合等を研究指導。
森本 浩志 准教授*
博前
認知行動療法 認知行動療法の観点から、抑うつや不安、職場不適応や介護ストレス等の精神的不適応について研究指導。
滑川 瑞穂 専任講師 臨床心理アセスメント 投影法や描画法をはじめとする心理検査を用いたパーソナリティの理解など臨床心理学領域の科目を担当。
平子 雪乃 助教 医療心理学 医療領域での精神疾患と身体疾患に対する支援。学外実習に関連する臨床指導を担当。

心理学コース

*は研究指導教員
博前博士前期課程の研究指導 博後博士後期課程の研究指導

氏名専門分野/開講予定科目授業内容
金城 光 教授*
博前博後
認知心理学 記憶や注意などの認知のメカニズム、視線による無意識的な認知の働き、メタ記憶・メタ認知の生涯発達に関する研究指導。
田中 知恵 教授*
博前博後
産業・組織心理学、社会心理学 自己ならびに他者関連情報などの社会的情報処理過程における感情状態の影響とそのプロセスの研究指導。
宮本 聡介 教授*
博前博後
社会心理学、社会的認知 対人認知・対人コミュニケーションにかかわる諸現象のメカニズムを、社会的認知の視点から研究指導。
川端 一光 准教授*
博前
教育心理学、心理統計学 教育測定、テスト理論(項目反応理論)、心理統計法(構造方程式モデリング)に関する理論的研究、および実社会への応用に関する研究指導。
野村 信威 准教授*
博前
生涯発達心理学、高齢者心理学 高齢者への回想法等の心理的援助や過去を語ることの心理的意義、青年期以降の生涯発達に関する研究指導。
萩野谷 俊平 専任講師 犯罪心理学 捜査面接、プロファイリング、目撃証言等、犯罪と向き合う現場を支援する心理学的知見の科目を担当。

入試情報

おすすめ