スマートフォン版を表示
2020年3月9日

新型コロナウイルス感染症に伴う課外活動の取り扱いについて(第2報)

新型コロナウイルス感染症に伴う課外活動の取り扱いについて(第2報)


新型コロナウイルスの感染が広がり、国内での蔓延を防ぐために、小中高等学校では休校措置がとられ、同時に文部科学省による部活動自粛要請が出ています。
学生部も第1報として、3月4日より3月31日までの間、課外活動等全般の活動の中止のお願いをしております。

大学では3月6日に『新型コロナウイルス対策本部会議』を設置し、3月14日までに新年度の入学式について、オリエンテーションの実施方法、授業開始期日の判断をおこない、大学ホームページにて発表するとしています。

学生部は14日の大学発表をうけ、学生の①課外活動等全般の中止方針の継続、②個別事情を勘案しての条件付解除、③全面解除について、総合的に判断して遅くとも16日(月)にはHP、ポートヘボンを通じて発表いたします。判断基準としては『新型コロナウイルス対策本部会議』に準拠し「多人数の学生を一か所に集めることが、可能な状況になっているかどうか」を一つの判断基準にします。

学生・教職員の安全を守ること、感染を広げないという社会的責任を果しつつこのような判断に至りました。
学生及び関係者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
※第2報以外のお知らせは、以下の通りです。
第1報第3報第4報第5報第6報第7報 

                             2020年3月9日
                             学生部長 亀ヶ谷純一