スマートフォン版を表示
2019年12月1日

アメリカンフットボール部 リーグ最終戦 VS専修大学

2部Bブロックに所属しているアメリカンフットボール部、12月1日(日)富士通スタジアム川崎でリーグ戦の第7戦、専修大学(以下、専大)戦が開催されました。
両チームともに6戦全勝、優勝をかけた一番です。

第1クォーター、ランで進む明学大ですが、3分半にパントで専大ボールに。
専大も1stダウンが取れずに再び明学大ボールに。
11番村中選手のランで専大陣地21ヤードに。


 
8分半、30ヤードラインから明学大のフィールドゴールは失敗。
10分には専大が明学大陣地の45ヤードに。
 

 
専大のランは42番宮島選手の好ディフェンスで凌ぎます。
専大のギャンブルプレイは明学大がインターセプト、両チーム得点無しで第2クォーターに(明学大0-0専大)。
 

 
第2クォーター2分半、専大のパスを明学大4番尾高選手がインターセプト。
専大陣地18ヤード、明学大のチャンスです。
 

 
3分半、明学大13番QBの安達選手が右サイドを走りぬけてタッチダウン、明学大が先制します(明学大7-0専大)。
5分、専大は1stダウンが取れずパント。明学大のディフェンスが好調です。
 

 
残り3分、明学大も攻めきれず再び専大ボールに。
終了間際、再びボールを確保した明学大は自陣から1番根岸選手、48番鈴木選手のランで大幅ゲイン。
25番平山選手のフィールドゴールで、明学大10-0専大で前半は終了します。
 

 
第3クォーター、3分、7番石戸選手の好ディフェンスで明学大ボールに。
4分、明学大自陣でのパスを専大がインターセプト、そのまま走り抜けてタッチダウン(明学大10-7専大)。
 

 
5分半、明学大は自陣からパント、攻めのリズムが悪くなっているように感じます。
その後の専大のランは好調です。
 

 
終了間際、専大はランで1stダウン獲得で最終クォーターに。
明学大がリードしていますが流れは専大です。
 

 
第4クォーター1分、専大はランとパスで明学大陣の30ヤードに。
2分、専大はランでゴールまで6ヤード。
2分10秒専大のランプレイでタッチダウン。
明学大10-14専大とこの試合初のリードを奪われます。
 

 
明学大はランプレイから1stダウン。
ところが7分に攻撃権を手放します。
その後も専大はランを駆使して時間を使います。残り3分44秒で専大は1stダウンを確保。
 


残り1分41秒、明学大は7番石戸選手の好ディフェンスで専大はパント。
再び明学大ボールに。
明学大は自陣20ヤードからの攻撃。残り39秒で明学大のパスはインターセプトされます。


 
試合はこのまま明学大10-14専大で終了します。
 


明学大は6勝1敗でリーグ戦は終了。
既に入れ替え戦への出場権は確保しており、入れ替え戦は12月15日(日)を予定しています(時間未定)。
組み合わせ抽選は12月2日(月)の夕方です。昨年度同様に、チケットの無料配布サービスを実施します。

【入れ替え戦の無料チケット申込方法はこちら】
https://www.meijigakuin.ac.jp/gakusei/football/2019/2019-12-02.html